logo

ITリテラシーの国際資格IC3(アイシースリー)、2009年12月1日より新試験を開始

インターネットとコンピュータの国際資格IC3(アイシースリー)、2009年12月1日より新試験を開始



世界共通のITリテラシー資格「IC3」を実施・運営する株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ(東京都千代田区 代表取締役社長:出張勝也)は、2009年12月1日よりIC3の新試験 「IC3 グローバルスタンダード3」を開始します。新試験には、情報化社会の最新動向が反映され、新たなコミュニケーションの概念やサービス、いま最も必要とされている情報発信者としてのモラルやセキュリティ知識などが含まれます。

■ IC3とは
世界110か国以上で実施されているITリテラシーの国際資格です。WordやExcelなど一般的なソフトウェアの操作から、情報モラルやセキュリティの知識、メールやインターネットの利用、パソコンのトラブル対応まで、オフィスや日常生活に欠かせないITの実践的な知識とスキルを判定します。厚生労働省の若年者向け就職支援事業「YES-プログラム」にも認定されており、企業研修や職業訓練、情報関連の授業などで広くご採用いただいています。
企業・教育機関の活用事例:リンク

■ 新試験 「IC3グローバルスタンダード3」のポイント
1.情報社会の進化に対応する新しい概念・用語を網羅
Web2.0の特徴であるブログ、SNS、ポッドキャストなど、新しいコミュニケーション技術やサービスについての基本的な知識が身につきます。

2.情報発信者としてのモラルを追加
インターネット上にある情報の質を判断する力だけでなく、ブログを書いたり、ホームページを作成したり、個人・企業等が情報を発信するときに必要不可欠なマナーが身につきます。

3.一般的なソフトウェアを積極的に使いこなすためのスキルを強化
WordやExcel、OSの操作からインターネットの利用まで、基本操作に加え、他の人と共同作業を行うときに役立つ方法、アプリケーションソフトの設定を使いやすく変更する方法など、一歩進んだ活用スキルが身につきます。


■ 試験概要
【試験科目】 全科目に合格すると認定証が発行されます。(科目免除制度あり)
・ コンピューティング ファンダメンタルズ・・・コンピュータの仕組み、OSの操作、トラブル対応
・ キー アプリケーションズ ・・・Word, Excel, PowerPointを使いこなすためのスキル
・ リビング オンライン ・・・インターネットの活用スキル、電子メール、情報モラル・セキュリティ知識

【出題形式】 コンピュータを使用した実技試験(選択問題と操作問題)

【受 験 料】 1科目 学生4,200 円(税込) 一般5,250円(税込)
3科目一括 学生12,600円(税込) 一般14,175円(税込)
※一般3科目一括料金は、同一バージョンの試験を3科目一括でお申込みの場合のみ適用されます。その場合、全ての科目は同日・同会場での受験となります。

【IC3公式サイト】  リンク

◆ IC3に関するお問い合わせ先:
株式会社オデッセイ コミュニケーションズ 
カスタマーサービス
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1
電話番号 03-5293-1881(平日10:00-18:00)
リンク
※IC3、IC3ロゴCertiport, Inc.の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。