logo

Evernote社、Morgenthaler VenturesをリードインベスターとするシリーズBラウンドで、1000万米ドルの追加投資を新規に確保

Mountain View, CA , Nov 19, 2009 - (JCN Newswire) - クラウドベースで日々のあらゆる出来事を記録しておくサービスを提供するEvernote社は、本日Morgenthaler Venturesをリードインベスターとし、ドコモキャピタルやTroika Dialogなどの一流投資家も参加した増資ラウンドにおいて、1000万米ドルの調達を新規に完了したことを発表しました。

Mountain View, CA , Nov 19, 2009 - (JCN Newswire) - クラウドベースで日々のあらゆる出来事を記録しておくサービスを提供するEvernote社は、本日Morgenthaler Venturesをリードインベスターとし、ドコモキャピタルやTroika Dialogなどの一流投資家も参加した増資ラウンドにおいて、1000万米ドルの調達を新規に完了したことを発表しました。今回の投資ラウンドで調達した資金は、Evernote社がさらなるイノベーションをより多くのプラットフォームに展開してユーザの皆様に提供し、新しい地域でのビジネスの拡大をさらに加速するために使用されます。

Evernoteは無料で使用できるマルチプラットフォーム・サービスで、ユーザのアイデアやひらめき、毎日の生活で体験したことなどを簡単に記録しておくことができます。2008年6月にサービス開始して以来、Evernoteのユーザ数は200万人近くにまで増加し、Windows・Mac・Web・iPhone・BlackBerry・Palm Pre・Windows Mobile向けにネイティブ版ソフトウェアを提供してきました。またEvernoteではプレミアム版サービスも提供しており、月間アップロード上限が拡大しより公汎なファイルタイプを同期させることができるようになります。

「われわれは開業当日から、たいへん野心的な目標をかかげ続けてきました。その目標とは、世界の人々が毎日の暮らしで気がつくすべてのことを記録できる、信頼おけるサービスを提供することです。」と、Evernote社CEOであるフィル・リービンは語っています。「我々は、Morgenthaler Venturesの持つ経験やサポートを活用することで、当初の計画よりもずっと早く、もっと多くの国のより多くの人々に、サービスを提供できるようになります。世界中の誰もがEvernoteの入った携帯電話やPCにちょっと手を伸ばすだけで、すべての記憶にどこからでも即時アクセスできるようになる日も近いでしょう。」

「Evernoteのユーザ数は、Twitterよりも短期間で最初の100万人に達しました。そしてユーザ数は現在200万人を目前にしています。Evernoteが生み出したシンプルで洗練されたソリューションでは、非常に直感的な操作法で、膨大な量のコンテンツの保存・整理・検索ができます。Evernoteの宣伝にもっとも寄与しているのは、Evernoteのサービスそのものです。Evernoteは有機的成長を続けており、その過程において顧客忠実度の極めて高い、熱心なユーザのコミュニティが形成されました。」とMorgenthaler VenturesのパートナーであるGary Little氏は語っています。

Evernoteは、アーチストや弁護士からシェフや学生までの様々な人が、情報を忘れず取り込む習慣を簡単に付けられるように設計されています。Evernoteのユーザは、レストランでワインのラベルを撮影したり、ウェブサイトからツアー情報を抜粋したり、買い物リストを作ったりして、Evernoteノートブックに入れておくことができます。このような情報はすべて、ウェブ、デスクトップPC、モバイル機器から検索できます。その一方で、Evernoteのプレミアム機能では、さらなるメリットをご享受いただくことができます。より大容量のノートの自動ファイル同期機能や共有して編集する機能などがお使いいただけますので、自分のノートブックをすぐにコラボレーションツールとしてお使いいただくことができます。

Morgenthaler Venturesについて

Morgenthaler Venturesは業界有数のベンチャーキャピタルで、40年以上にわたって起業家が価値の高い企業を構築する支援をしています。現在保有しているファンドは総額30億米ドルに上り、9番目のファンドが2008年11月に4億米ドルで設立されました。Morgenthalerは、これまでITとライフサイエンス業界の約300社に投資を行いました。IT分野での代表的なポートフォリオ企業には、Evernote社、NexTag社、Siri社、Lending Club社、Sezmi社、Nominum社、JasperSoft社、MuleSource社、Peregrine Semiconductor社、Cortina社、Brion社、Synopsys社、Verifone社、Nuance Communications社、Apple社、NEXTEL社などがあります。同社のITチームの本社は、米国カリフォルニア州メンロパークにあります。

Evernote Corporationについて

Evernoteは、身近にある最も便利なデバイスやプラットフォームを利用して、ユーザーが簡単に情報を保存することを可能にし、また、この情報をいつでもどこからでもアクセス可能、検索可能にします。EvernoteはWindows、Mac、Web、iPhone、BlackBerry、Windows Mobile、および他のデバイスで使用することができます。詳細について、また今日からEvernoteノートブックを使い始めるためには、 www.evernote.com をご覧ください。

お問い合わせ先:

Brett WeinerまたはKasey Fleisher
LaunchSquad
evernote@launchsquad.com
415.625.8555

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。