logo

PTCジャパンが新しいリーダーシップを発表

PTCインターナショナル・シニア・ディビジョナル・バイスプレジデントにマーク・デュアン、PTCジャパン社長に桑原 宏昭

2009年11月16日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、会長兼CEO:リチャード・ハリソン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)は、本日付でPTCジャパンの社長に桑原 宏昭(くわはら ひろあき)が就任し、PTCインターナショナル・シニア・ディビジョナル・バイスプレジデントにマーク・デュアン(Marc Diouane)が就任したことを発表しました。

桑原は、日本オラクル株式会社に19年間在籍、2001年より執行役員として金融営業部の責務を担い、2003年に中堅マーケットの営業部を設立、翌2004年にオラクル・アウトソーシング営業部を設立するなど、さまざまな新規事業設立に携わりました。2006年から2009年にかけては、オラクルアプリケーションビジネス常務執行役員・営業統括本部長として、製造業から流通業、通信公益、金融、公共と全インダストリーの営業部を統括し、オラクルアプリケーションビジネスの成長を牽引しました。


桑原はPTCジャパン社長として、今後、市場シェアの拡大、パートナーシップの強化、顧客への価値提供を責務とします。


また、シニア・ディビジョナル・バイスプレジデントのマーク・デュアンは、世界主要地域でマネージメント職を歴任、15年間にわたりPTCに貢献しています。2000年から2002年にかけては、アジア・パシフィック地域担当ジェネラル・マネージャーとして日本に赴任した経験があり、日本の市場にも精通しています。


米PTC社長兼最高執行責任者(COO)のジェームス・ヘプルマン(James Heppelmann)は、「PTCジャパンへの桑原の入社を歓迎するとともに、彼のリーダーシップとエンタープライズソフトウエアでの経験が活かされることを期待しています。桑原とデュアンを任命したことで、日本におけるPTCの存在および製品開発市場でのテクノロジーリーダーとしての位置づけがさらに拡大し、PTCが重要なこととして捉えている顧客への価値をさらに提供できると確信しています」と述べています。


マーク・デュアン、桑原 宏昭の経歴は、以下URLにてご参照いただけます。

■ マーク・デュアン(Marc Diouane)経歴
リンク

■ 桑原 宏昭 経歴
リンク



【PTCについて】
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品開発におけるグローバル化、市場投入時間の短縮、業務効率の追求など、製造業における企業の個々の課題に対応するソフトウェアとサービスを提供しています。重工業、電子・ハイテク、航空宇宙・防衛、自動車、消費財、医療産業においてPTCのCADソフトウェア、コンテンツ管理およびプロセス管理ソリューションを活用することにより、企業は主要な経営目標の達成ならびに顧客ニーズと業界法令基準双方に適合する革新的な製品開発の実現を可能にしています。


【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシットモデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、製品情報提供ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内5事業拠点。
Webサイト: リンク



* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Pro/ENGINEER、CoCreate、Arbortext、Mathcad、ProductViewなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報
http://www.ptc.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。