logo

【レポート販売】「レンタルサーバー調査報告書2010」

~国内269のレンタルサーバー事業者1823サービスへの調査 レンタルサーバーの利用者1104人へ聞いた利用実態~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「レンタルサーバー調査報告書2010」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成21年11月13日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「レンタルサーバー調査報告書2010」を販売開始

~国内269のレンタルサーバー事業者1823サービスへの調査
 レンタルサーバーの利用者1104人へ聞いた利用実態~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「レンタルサーバー調査報告書2010」を販売開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

◇レンタルサーバー完全ガイド編集部協力!
国内269のレンタルサーバー事業者1823サービスへの調査

レンタルサーバー事業者調査では、専用サーバー、共用サーバー、仮想専用サーバーにサービスを分類し、それぞれの価格帯、ハードウェア仕様、ネットワーク仕様、運用体制、セキュリティ関連サービス、アクセスログ解析機能、ショッピングカートや決済代行などの付加サービスを詳細に分析。2006、2007、2008年度データを使った時系列の変化も掲載しています。
レンタルサーバー業界の最新動向について様々なデータを本書から読み取ることが可能です。

◇レンタルサーバーの利用者1104人へ聞いた利用実態

個人や会社で実際にレンタルサーバーを利用し、決定権限のある人を対象にレンタルサーバー利用者調査も実施しました。利用しているサービス内容や満足点、不満点、乗り換え意向や今後の選択で重要視する点などについて明らかにしています。また、レンタルサーバー事業者にとって、競合する側面を持つクラウドサービスについても、ユーザーの利用意向を聞いています。

◇クロス集計をエクセルで提供、さらに事業者一覧PDFも付属

第4章に掲載した利用者/利用企業動向調査のデータの集計結果とRAWデータを提供しています。CD-ROM内に「単純集計と時系列集計グラフ」、「事業規模別集計」「利用目的別集計」「利用サーバー別集計」というクロス軸によって集計したExcel形式(数表+グラフ)のデータを収録。また、付録に事業者別サービス一覧と事業者一覧PDFを提供しています。


■■ 目次 ■■

第1章 レンタルサーバー市場概況
1.1 はじめに
1.2 ユーザーの変容
1.3 クラウドの登場
1.4 クラウドの広がり
1.5 国内クラウドの現状
1.6 クラウドがもたらすもの(1)専用サーバー編
1.7 クラウドがもたらすもの(2)共用サーバー編
1.8 レンタルサーバー市場の将来

第2章 サーバー価格帯別分析
2.1 費用
2.1.1 月額費用体系
2.1.2 月額費用
2.1.3 3年間費用
2.1.4 利用開始までの時間体系
2.1.5 利用開始までの時間
2.1.6 料金支払い方法
2.2 基本情報
2.2.1 利用可能なOSの開示率
2.2.2 利用可能なOS
2.2.3 ドメイン名取得サービス
2.2.4 ドメイン名維持
2.2.5 独自ドメインの利用
2.2.6 マルチドメイン利用可否
2.2.7 利用可能マルチドメイン個数
2.2.8 データバックアップ(ユーザーによる復元用)
2.2.9 データバックアップ(事業者による復旧用)
2.2.10 ディザスターリカバリー
2.2.11 仮想化ソフトウェア
2.3 サーバースペック
2.3.1 サーバーCPU世代
2.3.2 サーバーCPU周波数
2.3.3 サーバーメモリ容量
2.3.4 サーバーHDD容量
2.3.5 サーバーHDD構成
2.3.6 回線帯域保証
2.4 制限
2.4.1 データ転送量制限の有無
2.4.2 データ転送量制限
2.4.3 サービス再販売の可否
2.4.4 アダルトコンテンツの利用可否
2.5 WWW
2.5.1 利用可能なウェブ用ディスク容量の制限有無
2.5.2 利用可能なウェブ用ディスク容量
2.5.3 SSI対応
2.5.4 独自CGI対応
2.5.5 利用可能CGI言語の有無
2.5.6 利用可能CGI言語
2.5.7 グループウェアサポートの有無
2.5.8 サポートするグループウェア
2.5.9 アクセスログ解析の有無
2.5.10 アクセスログ解析ツール
2.5.11 決済代行サービスの有無
2.5.12 決済代行の種類
2.5.13 ショッピングカート機能の有無
2.5.14 SSL対応
2.5.15 SSL証明書取得代行の有無
2.5.16 SSL取得代行先
2.5.17 データベースの有無
2.5.18 データベース
2.5.20 XOOPSサポートの有無
2.5.21 CGIからのメールサーバー利用
2.5.22 動画配信対応
2.6 メール
2.6.1 利用可能なメール容量の制限有無
2.6.2 利用可能なメール容量
2.6.3 メールアカウント数の制限有無
2.6.4 メールアカウント数
2.6.5 スパム対策
2.6.6 ウイルス対策
2.6.7 メーリングリスト対応
2.6.8 メール転送対応

第3章 サーバーサービス時系列分析
3.1 費用
3.1.1 月額費用体系
3.1.2 月額費用
3.1.3 3年間費用
3.1.4 利用開始までの時間体系
3.1.5 利用開始までの時間
3.1.6 料金支払い方法
3.2 基本情報
3.2.1 利用可能なOSの開示率
3.2.2 利用可能なOS
3.2.3 ドメイン名取得サービス
3.2.4 ドメイン名維持
3.2.5 独自ドメインの利用
3.2.6 マルチドメイン利用可否
3.2.7 利用可能マルチドメイン個数
3.2.8 データバックアップ(ユーザーによる復元用)
3.2.9 データバックアップ(事業者による復旧用)
3.2.10 ディザスターリカバリー
3.3 サーバースペック
3.3.1 サーバーCPU世代
3.3.2 サーバーCPU周波数
3.3.3 サーバーメモリ容量
3.3.4 HDD容量
3.3.5 HDD構成
3.3.6 回線帯域保証
3.4 制限
3.4.1 データ転送量制限の有無
3.4.2 データ転送量制限
3.4.3 サービス再販売の可否
3.4.4 アダルトコンテンツの利用可否
3.5 WWW
3.5.1 利用可能なウェブ用ディスク容量の制限有無
3.5.2 利用可能なウェブ用ディスク容量
3.5.3 SSI対応 3.5.4 独自CGI対応
3.5.5 利用可能CGI言語の有無
3.5.6 利用可能CGI言語
3.5.7 グループウェアサポートの有無
3.5.8 サポートするグループウェア
3.5.9 アクセスログ解析の有無
3.5.10 アクセスログ解析ツール
3.5.11 決済代行サービスの有無
3.5.12 決済代行の種類
3.5.13 ショッピングカート機能の有無
3.5.14 SSL対応
3.5.15 SSL取得代行の有無
3.5.16 SSL証明書取得代行先
3.5.17 データベース連携の有無
3.5.18 連携データベース
3.5.19 Movable Typeサポート有無
3.5.20 XOOPSサポートの有無
3.5.21 CGIからのメールサーバー利用
3.5.22 動画配信対応
3.6 メール
3.6.1 利用可能なメール用容量の制限有無
3.6.2 利用可能なメール容量
3.6.3 メールアカウント数の制限有無
3.6.4 メールアカウント数
3.6.5 スパム対策
3.6.6 ウイルス対策
3.6.7 メーリングリスト対応
3.6.8 メール転送対応

第4章 利用者/利用企業動向調査
4.1 調査概要
4.1.1 調査対象
4.1.2 対象地域
4.1.3 調査方法
4.1.4 調査実施機関
4.1.5 サンプリング
4.1.6 有効回答数
4.1.7 調査期間
4.2 回答者のプロフィール
4.2.1 性別
4.2.2 性年齢階層
4.2.3 都道府県
4.2.4 業種
4.2.5 担当業務
4.2.6 勤務先企業規模
4.2.7 利用しているサーバーサービスの種別
4.3 利用動向調査結果
4.3.1 レンタルサーバーの利用目的
4.3.2 サーバーサービスの利用場所
4.3.3 サーバーで提供されているOS
4.3.4 利用しているサーバーサービスの月額費用
4.3.5 利用しているサーバーサービスのディスク容量
4.3.6 レンタルサーバーの乗り替え意向
4.3.7 レンタルサーバーの乗り換え理由
4.3.8 利用しているレンタルサーバーの満足度
4.3.9 利用しているレンタルサーバーに満足している点
4.3.10 利用しているレンタルサーバーに不満な点
4.3.11 今後のレンタルサーバー選択で重要視する点
4.3.12 複数台構成利用有無
4.3.13 マネージドサービス利用有無
4.3.14 今後実現したいマネージドサービス
4.3.15 サーバー容量の利用度合
4.4 SaaS/クラウドに関する調査
4.4.1 SssSの利用有無
4.4.2 SaaSの利用目的
4.4.3 クラウドコンピューティングの認知度
4.4.4 クラウドコンピューティングの利用有無

CD-ROM収録内容録
・第4章に掲載した利用者/利用企業動向調査のデータの集計結果とRAWデータ
・事業者別サービス一覧と事業者一覧


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:レンタルサーバー調査報告書2010
発 刊 日:2009年11月10日
発   行:株式会社インプレスR&D
執   筆:株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
販   売:株式会社クロス・マーケティング
版   型:A4版 222ページ
価   格:
    ■CD-ROM
     168,000円(税抜160,000円+消費税8,000円)別途送料500円
    ■書籍+CD-ROM
     178,500円(税抜170,000円+消費税8,500円)別途送料500円

詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを
軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマ
ーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネット
リサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大
限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサ
ーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事