logo

PTC、「PTC World 2009 Japan」を開催

ものづくりを想いのままに ~ソーシャル製品開発で実現する未来~

【2009年11月12日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、会長兼CEO:リチャード・ハリソン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)は、来る12月8日(火)、ホテル日航東京(台場)にて「PTC World 2009 Japan」を開催します。「PTC World」は各国で毎年順次開催されており、PTC製品戦略、製品動向、ユーザー企業による導入事例やパートナー企業セッション、教育関連での取り組みなど多彩なコンテンツにより、製造業における製品開発とPTCの幅広いソリューションを紹介します。

同イベントでは、米PTC製品開発部門上級副社長であるブライアン・シェパード(Brian Shepherd)が来日し、「PTCテクノロジービジョン」と題した基調講演にて、「ソーシャル製品開発」を含めたPTCの製品開発とソリューションの長期展望を紹介します。ソーシャル・コンピューティングと製品開発の融合である「ソーシャル製品開発」は、Microsoft(R) Office SharePoint(R) ServerのWeb 2.0を活用したPTCが提唱する次世代ソーシャルネットワーク型の製品開発システムで、組織内での部門、チームメンバー間または企業同士間で、安全かつITと調和した環境における情報交換やナレッジ共有が可能となるソリューションです。


スポンサー基調講演は「レノボ社の優秀なエンジニアが、その才能を発揮する方法」と題し、レノボ社よりワークステーション製品におけるPro/ENGINEER(R)の活用事例を紹介します。


ユーザーによる講演は、以下の内容にて最新の事例を紹介する予定です。
■ スターテクノ:
「Pro/ENGINEERによる専用装置設計の優位性とWindchill(R) ProductPoint(R)の必然性」

■ トヨタ自動車:
「鋳造ライン生産準備業務の完成度向上を狙ったPro/ENGINEERとWindchillの活用」

■ 日本大学理工学部機械工学科:
「CAD/CAM教育の事例」

■ 三菱重工業 高砂製作所:
「三菱重工業における3Dデータ活用事例」

■ 三菱重工業 舶用機械設計部:
「Windchill 9.0 活用事例 - BOMをキーとした実業務へのPLM展開」
(五十音順)


製品は、Windchill ProductPoint、Windchill RequirementsLink(TM)、Pro/ENGINEER、CoCreate(R)、Arbortext(R)、Mathcad(R)、ProductView(TM)、InSight(TM)の最新情報と今後の開発の方向性、また、製品開発現場での活用方法と提案、およびPTC製品の連携活用などについて、経営環境も含めたものづくりをサポートするPTCのソリューションを紹介します。

なお、同イベントでも紹介するPTCの新しい製品開発コンセプトである「ソーシャル製品開発」を体感できる試みとして、「PTC World 2009 Japan」をtwitterにて実況中継します。是非twitterでPTCジャパンをフォローしてください。
リンク


<開催概要>
日時:2009年12月8日(火)
10:00~20:30(受付開始9:00~)、懇親会18:45~

場所:ホテル日航東京
    東京都港区台場1丁目9番1号 Tel:03-5500-5500
(東京臨海新交通“ゆりかもめ”「台場駅」直結)
リンク

参加費用:無料

申込方法:以下URL「参加登録」ページより
リンク

* 「PTC World 2009 Japan」の詳細はこちらをご参照ください。
リンク


本イベントの開催にあたり、プラチナスポンサーとして、レノボ・ジャパン株式会社、ゴールドスポンサーとして、株式会社大塚商会、OPTIS Asia & Pacific株式会社、デル株式会社、株式会社日立システムアンドサービス、マイクロソフト株式会社、メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社にご協賛いただきました。

主催:PTCジャパン株式会社

協賛:
[プラチナスポンサー]
レノボ・ジャパン株式会社


[ゴールドスポンサー]
株式会社大塚商会、OPTIS Asia & Pacific株式会社、デル株式会社、株式会社日立システムアンドサービス、マイクロソフト株式会社、メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社


[シルバースポンサー]
Z Corporation、日本ヒューレット・パッカード株式会社、ランド・テクノロジーズ・ジャパン株式会社


[ブロンズスポンサー]
エムエスシーソフトウェア株式会社、CFdesignジャパン株式会社、株式会社CGTech、株式会社スコンスソリューションズ ジャパン、3Dコネクション、インク.、株式会社セイロジャパン、丸紅情報システムズ株式会社、メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社


[後援]
@IT MONOist、NCネットワーク、リード・ビジネス・インフォメーション株式会社
(五十音順)



【PTCについて】
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品開発におけるグローバル化、市場投入時間の短縮、業務効率の追求など、製造業における企業の個々の課題に対応するソフトウェアとサービスを提供しています。重工業、電子・ハイテク、航空宇宙・防衛、自動車、消費財、医療産業においてPTCのCADソフトウェア、コンテンツ管理およびプロセス管理ソリューションを活用することにより、企業は主要な経営目標の達成ならびに顧客ニーズと業界法令基準双方に適合する革新的な製品開発の実現を可能にしています。


【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシットモデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、製品情報提供ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内5事業拠点。
Webサイト: リンク



* PTCの社名、ロゴマークおよびPro/ENGINEER、Windchill、ProductPoint、RequirementsLink、CoCreate、Arbortext、Mathcad、ProductView、InSightなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


以上

関連情報
http://www.ptc.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事