logo

【カカクコムグループニュース】『eiga.com』、総選挙になぞらえて2009年SFアクション映画のNO1を決める「ターミネーター党」VS「トランスフォーマー党」総選挙を実施

総合映画情報サイト『eiga.com』、
総選挙になぞらえて2009年SFアクション映画のNO1を決める
「ターミネーター党」VS「トランスフォーマー党」総選挙を実施
特集ページ:リンク



株式会社カカクコムの100%子会社である株式会社エイガ・ドット・コムは、2009年11月9日
(月)、総合映画情報サイト『eiga.com(リンク)』 において、2009年SFアクション
映画の盟主を決める投票企画「ターミネーター党」VS「トランスフォーマー党」総選挙特集を
実施します。
特集ページ:リンク

2009年、選挙に沸いた日本。『eiga.com』では、その熱狂を映画の分野でも再現すべく、また、
日本映画に押され気味のハリウッド映画復活を願い、当企画を実施します。
日本映画全盛の昨今、テレビ局が中心となって製作する、ドラマの映画化作品、人気コミックの
映画化作品が市場を席巻する一方、長らく権勢をふるってきたハリウッド映画は、年々その
シェアを落としています。
そんな中『eiga.com』は、この夏に公開されて大ヒット、気迫あふれる興行を展開し、間もなく
DVDが発売される2本のハリウッド映画に焦点を当てます。

現職のカリフォルニア州知事、アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作にして、シリーズ第4
弾となる「ターミネーター4」。対するは、希代のヒットメーカーにして2度のアカデミー監督賞
に輝くスティーブン・スピルバーグがプロデュース、「アルマゲドン」「パール・ハーバー」
など、あらゆるものを「ブッ壊す」マイケル・ベイ監督による「トランスフォーマー/リベン
ジ」。
ハリウッド・アクションの今を代表する2大勢力を選挙に見立て、「本年度のSFアクション映画の
盟主」をかけて激突、『eiga.com』のユーザー投票によって、その座を決めようという試みで
す。

ユーザー投票は、政党&議員紹介、マニフェストなど、両陣営からの候補者や政策を列記し、
11月9日(月)から5つのテーマに基づき6週にわたり行われます。

「ターミネーター党」VS「トランスフォーマー党」総選挙特集
政党&議員紹介ページ:リンク
マニフェストページ:リンク
開票速報ページ:リンク

【『ターミネーター4』DVD & Blu-rayについて】
アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムの押し上げた大ヒットシリーズ最新作。
前3作がシュワルツェネッガーを主演に未来の殺人ロボットが時空を超えて現代に出現する展開
だったのに対し、今回はクリスチャン・ベール、サム・ワーシントンが主演で断片的に語られて
きた核戦争<審判の日>の後の世界を舞台に、生き残った人類と絶滅を目論む機械
(ターミネーター)軍との全面戦争が描かれる。製作費約2億ドルが投入された、超大作。
2009年11月20日(金)DVD & Blu-rayリリース
DVD発売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式ウェブサイト
リンク

【『トランスフォーマー/リベンジ』DVD & Blu-rayについて】
「トランスフォーマー」の続編で、前作を上回る製作費2億ドルが注ぎ込まれたアクション大作。
全米興行収入は初日だけで6,062万ドル(約58億円)を記録し、製作費を5日間で回収するなど
記録ラッシュを続けた。米軍特殊部隊に組み込まれたロボット生命体が、シャイア・ラブーフ
扮する主人公とともに、悪の地球外生命体に立ち向かう姿を描く。
2009年12月18日(金)DVD & Blu-rayリリース
DVD発売元 パラマウント ジャパン
公式ウェブサイト
リンク

【総合映画情報サイト『eiga.com』について】
1998年の開設以来、ハリウッドやヨーロッパから集めた最新映画情報や、プロの評論家と編集部
による独自の映画評を中心に紹介、2007年8月以降は、鑑賞後の評価を投票できるレイティング
システムやID制の導入などといったコミュニティ機能を追加、幅広い映画情報の提供を
おこない、国内の独立系映画情報サイトとしては最大級の204万人(2009年10月実績)にご利用
頂いています。

【株式会社エイガ・ドット・コム 会社概要】
2000年創業、2007年4月より株式会社カカクコムの子会社。
事業内容:映画情報サイト『eiga.com』の企画・運営
所在地:東京都中央区築地2-1-17 陽光築地ビル5F
代表取締役:駒井 尚文

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:   東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役: 田中 実
事業内容:  サイトの企画運営
当社運営サイト リンク 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事