logo

「ユグドアスカイゲートツールバー」のInternet Explorer用アドオンを発表

2009年10月1日に発表いたしましたユグドアスカイゲートのFirefox用アドオンに加え、今回新たにInternet Explorer用アドオンの提供を開始いたしました。

株式会社ユグドア(埼玉県所沢市、代表取締役社長:伊藤琢晃)は、
2009年11月5日(木)に、「ユグドアスカイゲートツールバー」の
Internet Explorer用アドオンを発表いたしました。
リンク


このツールバーはInternet Explorer用のアドオンであり、
ブラウザの上部にログインID、パスワードを入力するフォームを表示し、
ユグドアスカイゲートに対応したサイトへはこのツールバーを利用することで
同じIDとパスワードで、ログインが可能になります。

またユグドアスカイゲートの他のアプリケーション同様、オープンソースとして、
プログラムソースを公開いたします。
なお、本ソースコード、及びパッケージはMs-PLライセンスの元ご利用いただく
ことができます。


■本ツールバーの特徴
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●同じログインIDとパスワードでいろいろなサービスにログインできる仕組みを
持っています。

●パスワードがチャレンジ&レスポンス方式により暗号化、認証されることが保
証されています。また、アドオンによる実装のため、javascriptを無効にしても
暗号化されます。

●ログインIDとパスワードはログインしようとするサービスには一切通知されな
い仕組みです。

●サービスごとにハンドル名のようなもの(実際はランダムな数値や文字の組み
合わせのID)が自動で新しく発行されるため、同一人物だと分かりにくくし、保
護します。


■ユグドアスカイゲートのコンセプト
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ユグドアスカイゲートは「さようならログインフォーム」をコンセプトとし、
共通のログインID、パスワードでさまざまなサービスにログインできる仕組みを
提供するプロジェクトです。


■ユグドアスカイゲートの構造
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ユグドアスカイゲートのプロトコルですが、Pop before SMTPに類似して、
一般的に分かりやすい構造になっています。
ユーザがユグドアスカイゲートサーバにアクセスし、認証を行うと、ログイン
先のサービスのみが、そのユーザのIDを取得できる環境を構築します。
その後、一定時間内にサービスがアクセスをすることでIDを取得することがで
きます。

●IDはサービスごと(IPアドレスごともしくはドメインごと)に変化します。
当然ユーザごとに一意に割り当てられます。

●これらの工程は全て標準的なHTTP,HTTPSによるやりとりなので、CGIやXMLの
知識があれば、サービスへ簡単に導入が可能です。


■Ms-PLライセンスに関する情報
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Ms-PLライセンスに関しては以下のサイトをご覧ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

インストール後のブラウザ拡張の様子

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。