logo

ITXとリンク、携帯サイト構築CMS「MobileController 携帯サイト作成プラン」を販売開始

~プロ監修の本格的なSEO対策、共用SSLも標準装備~

 情報通信サービスを基盤とした、テレコム事業及びサービス&ソリューション事業を展開するITX株式会社(東京都港区、代表取締役社長 中塚 誠、以下「ITX」)、国内最大級の専用ホスティング「at+link専用サーバサービス」をはじめとする様々なサービスを展開する株式会社リンク(東京都港区、代表取締役社長 岡田 元治、以下「リンク」)は、携帯サイト構築CMS(※1)「MobileController(モバイルコントローラー)」の「携帯サイト作成プラン」の販売およびサービス提供を本日、2009年11月4日より開始します。

 本サービスの販売はITXが行い、システムの運用はリンクが担当します。
今後、順次「携帯ネットショッププラン」「携帯販促プラン」の販売を開始する予定です。

 今回の新システムでは、ユーザインターフェースにWYSIWYG(※2)を採用。第3世代携帯電話向けのデザイン性に優れたリッチな3キャリア(docomo、au、SoftBank)対応の携帯サイトを、直感的な操作で、スピーディーに構築することが可能となりました。優れた操作性に加え、XHTMLソースの直接編集にも対応。機能面でも、お問い合わせ・アンケートフォームや共用SSL、地図作成機能など充実した機能を標準装備しており、コーポレートサイトをはじめ、資料請求受付サイトやキャンペーンサイト、地図を掲載した店舗紹介サイトなど、様々なシーンでより手軽に携帯サイトが構築できるようになりました。

 またSEO専門事業者監修の下、専門知識なしでも施すことができる高度なSEO対策機能を実装。これまでの携帯サイト構築CMSでは、機能的な制約によって十分な対策を講じることが難しい状況でしたが、今回販売を開始する「MobileController」の提供により、デザイン性と高度なSEO対策を両立した携帯サイトを手軽に制作・運用したいという初心者から、WEBサイト制作会社などのプロユースまでの幅広いニーズに応えます。

■MobileController「携帯サイト作成プラン」の特長

・ リッチコンテンツ対応
Flash lite1.1、XHTML、CSSに対応。機種別に適した画像へ自動変換する機能や、所在地を入力するだけでGoogle Maps™を使用した地図を生成する機能など充実した機能で、表現力豊かなサイト構築が可能。

・ SEO事業者監修のSEO対策機能
メタタグなどの基本設定はもちろん、CMSの弱点とされる任意のURL指定やページの静的化を実現し、ソースコードレベルでサイトを最適化。検索エンジンのクローラー向けサイトマップの自動生成などプロ監修の心強い機能が標準装備。

・ 高度なアクセス解析・広告効果測定オプションも提供
携帯サイト解析で実績のあるパケットキャプチャ型Webアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics®」の優れた機能をオプション提供。携帯サイト訪問者の行動や広告効果測定をリアルタイムに分析することが可能。リンク

*掲載の社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。

■提供価格(税込)
携帯サイト作成プラン: 初期費用 12,600円 月額費用 6,300円~
            (独自ドメイン取得・更新費用、共用SSL含む)

■会社概要
ITX株式会社 概要
本社  :東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビタワー24階 〒105-7424
代表取締役社長 : 中塚 誠
営業開始日  :2000年4月
資本金 : 254億4,300万円
URL : リンク

株式会社リンク 概要
本社  :東京都港区赤坂7丁目3番37号 カナダ大使館ビル1階 〒107-0052
代表取締役社長 : 岡田 元治
設立  :1987年11月
資本金 : 1000万円
URL : リンク

■本サービスに関するお問い合わせ先
ITX株式会社 テレコム事業本部 法人営業部 Webサービスグループ 小野/池田
MAIL:ono.hiroyuki@itx-corp.co.jp TEL:03-3574-3565 / FAX:03-3574-3575

このプレスリリースの付帯情報

画面イメージ(携帯サイト作成プラン)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

(※1)CMS:Contents Management Systemの略で、HTMLやCSSなどの専門知識を必要とせず、Webサイトを構成するテキストや画像、レイアウト情報を一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりすることが可能な管理システムのこと。
(※2)WYSIWYG :What You See Is What You Get.「見たままのものが得られる」という意味で、出来上がりイメージそのままの画面上で、編集操作ができること。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。