logo

電子機器のリセット機能を改善するスマート・リセットICを発表

STマイクロエレクトロニクス 2009年11月05日 09時25分
From PR TIMES

任意の操作ボタンによるマニュアル・リセットに対応し、
特定のリセット・ボタンを探す必要性やバッテリ取り外しによる
データ喪失のリスクを解消


民生用アプリケーション向け半導体の世界的リーダーである
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、電子機器の安全な
再起動を実現する新しいスマート・リセットICを発表しました。同製品により、
使用中の電子機器が「フリーズ」した際に、バッテリを取り外したり、筐体に
設けられたリセット・ボタンを押すための道具を探す動作が不要になるため、
ユーザの感じるストレスが解消されます。

スマートフォン、メディア・プレーヤ、ゲーム・コンソール、電子書籍等の
高性能機器が増加する中、多くの人々がフリーズした電子機器の現状の
リセット方法に関して問題点を認識しています。

フリーズした電子機器のリセット機能は、主要な製品機能に比べて開発が遅れ
がちです。手動のリセット・ボタンがある場合、その多くは予期しない機器の
リセットを防止するため、隠れた場所に配置されています。こうしたリセット・
ボタンは操作が難しい場合があり、「応急的処置」としてバッテリを取り外す
ことが一般的になっています。しかし、これは重要なデータの喪失などによって
システム障害を起こす恐れがあります。

STの新しいスマート・リセットIC であるSTM65xxファミリは、2系統のリセット
入力端子を搭載しており、任意に設定された2つの既存の操作ボタンに接続する
ことができます。2つの操作ボタンを一定時間(プログラム可能)押すと、
メイン・プロセッサにリセット信号が送信されます。2系統のリセット入力端子
の搭載に加え、リセット遅延時間がプログラム可能なため、ボタンの押下操作と
押下時間を組み合わせることで、予期しないリセットを防止することができます。
従来製品は1つのリセット・ボタンを制御するのに対して、STM65xxは、スマート・
リセット機能を備えた2系統の入力端子の他、多くの製品設計において必要とさ
れるスーパーバイザ機能とリセット機能を搭載した唯一の製品です。

STM65xxにより、フリーズした機器上において、安全で使い勝手が良く、容易に
操作できるリセット手段が実現し、操作性が向上します。メーカーは、改善され
た手動リセット機能とスーパーバイザ機能の1チップ化によって、性能の向上、
コストや基板スペースの低減が可能になります。システム・リセットと独立した
手動リセット・ボタンにそれぞれ別個のチップを使用した場合、ディスクリート
部品の回路が約100 mm2もの基板スペースを占有することがありますが、STM65xx
は2 x 2 mmパッケージに封入されており、全体のフットプリント縮小にも貢献
します。

さらに、STM65xxは既存の操作ボタンによる手動リセット操作が可能なため、
筐体にアクセス穴を設ける従来のリセット機能の設計が不要になります。その
結果、価格を低減できる他、防滴性あるいは防水性を備えた新製品開発という
可能性も広がります。

STM65xxは現在量産中で、単価は1万個購入時に約0.53ドルです。

さらに詳しい情報は、リンクをご覧ください。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2008年の売上は98.4億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。