logo

グッドコミュニケーションズとメディアキャスト、ユビキタス特区にてホテル内デジタルサイネージ実験を実施

データ放送機能を駆使し、客室のテレビへ地域情報を配信

株式会社グッドコミュニケーションズ(本社:鹿児島県鹿児島市 代表取締役 高橋 美博、以下 グッドコミュニケーションズ)と、株式会社メディアキャスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役 杉本 孝浩、以下 メディアキャスト)は、鹿児島市内の宿泊施設でデータ放送機能を使ったデジタルサイネージ実証実験を行うことを発表いたします。

当実験は、デジタル自主放送、番組連動型データ放送および双方向データ通信を使って、客室テレビで宿泊施設周辺の店舗情報等を提供する日本初の試みで、実験期間は 2009年 11月中旬から 2010年 3月末日までを予定しています。


今回の実験は、総務省の『平成 20年度 ICT地域経済活性化事業 (「ユビキタス特区」事業)』の取り組みの一環として推進されている地域情報発信力向上プロジェクトのひとつである「宿泊施設内個別自主放送とクラウド型コンテンツ流通プラットホームを活用した観光コンテンツ流通モデルの実証」を、グッドコミュニケーションズが受託して行う実証実験です。
同社は、従来からアナログ自主放送番組「かごしま おもてなしテレビ」を宿泊施設のロビーや客室に放送していますが、今回の実験では、この番組をデジタル自主放送版に発展させ、メディアキャストが提供するデータ放送技術(※)を使って、宿泊施設周辺の「お食事」「お土産」「癒し」などの様々な店舗の最新のPR情報を、効果的に映像と連動して表示されるように配信することで、宿泊客の店舗への誘導を促進します。
また、データ放送機能を駆使することにより、デジタルテレビに接続されたインターネット経由で詳細情報の配信や店舗検索などの双方向によるデータ通信と各種便利機能をシームレスに利用でき、放送と通信を融合させたサービスを実現しています。


国内の放送のデジタル化は BSデジタル、地上デジタル、デジタルケーブルテレビと進められてきており、2011年の完全デジタル化を目前に控え、公共施設や学校、宿泊施設、店舗、企業などにおいても館内共聴設備のデジタル化が急がれています。
そして、デジタル化による新しいビジネスやサービスの展開が模索され、デジタル設備への投資に見合う具体的な意義や効果の検証が行われています。
その中で、宿泊施設におけるデジタル放送技術を使った本格的なデジタルサイネージは当実験が初めての試みであり、デジタル放送の大きな特徴とも言えるデータ放送機能を最大限に活かした当実験の成果により、各方面の館内共聴設備の今後のデジタル化が加速されると期待されます。
さらに、デジタル放送技術を応用したデジタルサイネージの普及・活用、また、地域における経済活性化や観光などの情報発信の活発化にも大きく寄与します。


両社は、11月 18日(水)~20日(金)に幕張メッセで開催される「国際放送機器展(InterBEE2009)」のメディアキャストブース(映像・放送関連機材部門 / HALL6 /小間番号 6405 )にて、当実験と同等のシステムを初公開致します。


■かごしまおもてなしテレビについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク
宿泊施設周辺のお店を中心に「お食事」「お土産」「癒し」などの情報を客室テレビを使って宿泊者へ配信し、店舗などへの誘導を促進する宿泊者向けお役立ち情報サービスで、2009年 11月現在、鹿児島市内の繁華街(天文館、鹿児島中央)を中心に8つの宿泊施設(約1600室)で約150店舗の情報を配信している。
デジタルサイネージとアナログ個別自主放送の組み合わせが特長で、グッドコミュニケーションズ社内の情報配信センターからインターネット経由で宿泊施設内設置の番組送出端末に映像や店舗情報などのコンテンツを蓄積し、施設内の館内共聴設備経由で客室テレビやロビー内のテレビに配信している。
また、宿泊施設別に放送チャンネル数や時間帯放送内容の個別編成が可能で、宿泊施設の独自サービス化が可能となっている。


■デジタルサイネージ実証実験の概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆概 要: デジタルサイネージ+デジタル個別自主放送(データ放送+双方向データ通信)
◆期 間: 2009年11月中旬 ~ 2010年3月末
◆場 所: ホテル・レクストン鹿児島(鹿児島県鹿児島市山之口町4-20)
◆対 象: ホテル客室数(157室)


______________________
■株式会社グッドコミュニケーションズについて 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
リンク
株式会社グッドコミュニケーションズ(本社:鹿児島市、設立:1995年9月)は、創業以来地域密着型ISP「SYNAPSE」を主力事業として、鹿児島県を中心に4 万以上の会員にインターネットサービスを提供している。また、鹿児島のデジタルデバイド解消サービスやホテル向けTVCM 配信放送を近年開始している。今後、現行サービスの拡張はもとより、より地域に密着した新しいインターネットサービスの普及を目指している。

___________________
■株式会社メディアキャストについて 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
リンク
株式会社メディアキャスト(本社:東京都渋谷区、設立:2003年)は、デジタルデータ放送分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社。BML技術を始め、コンテンツ技術や運用システムなど、デジタルデータ放送に求められる専門分野で多くの経験と実績を有しており、メディアキャストのデータ放送製品群は、NHK(日本放送協会)、民放各局、地方局、CATV局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用されており、デジタルデータ放送業界のスタンダード製品として位置付けられている。

このプレスリリースの付帯情報

実証実験システム図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※ メディアキャストが提供するデジタル放送技術について
ニュースやイベント情報など随時更新される情報を、放送用の BML(Broadcast MarkupLanguage)で記述された画面コンテンツと合成し、データ放送規格(ARIB規格)に準拠した伝送信号(トランスポートストリーム)としてデジタル放送用多重化装置にタイムリーに出力することで、ワンセグ端末やデジタルテレビに送出できる簡易データ放送送出技術。(コードネーム COx:コックス)
今回の実験では、COxをベースに AVエンコーダ装置、多重化装置、変調装置を含めた放送システム全体の設計とインテグレーション技術を提供している。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事