logo

影響力のある「中国エリートビジネスウーマン優等生」の選出

Shanghai, Oct 26, 2009 - (JCN Newswire) - 2009年11月21日に、「中国エリートビジネスウーマン優等生」リスト ( www.china-business-summit.cn ) がロイター、ウォールストリートジャーナル、CCTV.Com など権威あるメディアおよび中央ヨーロッパビジネス大学、パスウェイなどのビジネス管理・研究組織100社により共同で選出されます。

Shanghai, Oct 26, 2009 - (JCN Newswire) - 2009年11月21日に、「中国エリートビジネスウーマン優等生」リスト ( www.china-business-summit.cn ) がロイター、ウォールストリートジャーナル、CCTV.Com など権威あるメディアおよび中央ヨーロッパビジネス大学、パスウェイなどのビジネス管理・研究組織100社により共同で選出されます。これは現在中国でエリートビジネスウーマンを選出する、最も影響力のある賞で、名誉ある企業家のリストは、権威あるメディアおよび関連組織が世界的に発表し、助成します。

2009 年「中国エリートビジネスウーマン優等生」には4つのリストがあります。「中国エリートビジネスウーマン優等生」(メインリスト)、「中国における外国人エリートビジネスウーマン優等生」(次候補リスト)、「新中国エリートビジネスウーマン優等生」(次候補リスト)、「中国エリートビジネスウーマンの投資優等生」(次候補リスト)の4つであります。この賞は、企業による慈善、社会責任、大衆に対する影響など、ビジネスウーマンの名誉モデルに包括的に組み込まれている商業的価値および Rose Valueを評価します。

ビジネスウーマンのパワーに注目

統計は中国社会、経済、政治の発展、そして家族における女性の地位の変化により、この企業家の階級が生じたことを表します。多くの女性企業家だけでなく、女性の上級管理職は、最初から世界的に立ち向かうために、さまざまな困難を克服する必要がありました。同時に、事業の再編成の影響のもとで、持続可能な開発を維持する責任を果たすために、彼女たちは環境保護、産業のアップグレード、計画的な生産力、雇用サービスについてさらに配慮する必要がありました。「中国エリートビジネスウーマン優等生」は受賞者にとって大いなる名誉となります。

女性企業家をベースにした、急成長している新興職業からなるリストは、彼女らの企業精神に対して、深い洞察を見せます。専門家である女性企業家の新しいベンチャーを分析し、市場の傾向を見せるためには、投資団体を参照することが非常に重要です。

中国は 30年間改革を重ね、世界に門戸を開いてきましたが、外国からますます多くのビジネスエリートウーマンが中国を訪れ、中国経済と共に成長しています。衝突と調和を経て、彼女らは意識と文化の違いを克服し、中国と外国企業との間で理解と協調を推進しています。そして複数の分野において、大企業をすばらしく管理しています。それだけでなく、彼女たちが所属する会社は、男性優位の会社であったりします。ですから、受賞リストを選出するに当たり、私どもは中国の企業に代わり、外国のエリートビジネスウーマンの方に注目し、尊敬の目を向けたいと思います。

最初の段階としては、2009年10月20日までに「中国エリートビジネスウーマン優等生」の選出委員に候補者を推薦します。この段階では、領事館、商工会議所、産業団体、メディア、大衆からの推薦および自己推薦を求めます。

10 月20日~11月15日は二段階に入ります。ここでは候補者が発表されます。選出委員は申請時のデータをもとに、候補者を見直します。次に秘密投票が行われ、選出委員は候補者のリストを確認そして推薦します。このリストはサミットの公式ウェブサイト、または指定メディアにより発表され、一ヶ月の間インターネット上で大衆の方に投票してもらいます。

運営委員会である Wingo PRの最高経営者であるChen Youyu氏が2009年11月21日の2009年中国ビジネスウーマンサミットで選挙の結果を発表します。このサミットは上海のグランドハイヤット上海およびオリエンタルリバーサイドホテルにあるインターナショナルカンファレンスセンターで行われます。2009年中国エリートビジネスウーマン優等生の一番重要なリストがそのときに発表されます。

お問い合わせ先:
Martina Yan
電話 +81-21-64260191
Eメール: media@china-business-summit.cn

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事