logo

Octasic社、急成長するモバイルビデオ市場に対応するため、Vocallo MGWソリューションを先進ビデオ機能で強化

電力効率を向上し、H.264ビデオトランスコーディングによるモバイルビデオ消費者エクスペリエンス向上のため、ビデオ符号化専門企業Dicas社とライセンス契約を締結。

Montreal, Oct 22, 2009 - (JCN Newswire) - メディア処理ソリューションの大手イノベータ、Octasic社は、新しいVocallo MGW製品機能を、本日発表しました。これにより、進化の止まることのないモバイル・ビデオ・ユーザの世界に取り組んでいるゲートウェアメーカーやコンテンツアダプテーション・ソリューション・プロバイダの需要拡大に対応するために、モバイルビデオ製品ポートフォリオを大幅に拡大します。

電気通信製品・サービスの次の波は、モバイルビデオに集中するでしょう。Infonetics社のIMS (IP Multimedia Subsystem)に関するレポートによれば、サービスプロバイダの半数以上が、今後12~18か月に、ビデオテレフォニーとコンバージドモバイル/固定電話サービスを展開する予定です(IMS Plans: Global Service Provider Survey、2009年8月)。

拡張Vocallo MGWは、ビデオメッセージング・アダプテーションと最適化、ビデオメールサーバ、オンデマンドトランスコーディング、モバイルビデオ会議、3G-324Mゲートウェイ、ビデオ監視、業界トップのInteractive Voice and Video Response (IVVR)ポートフォリオなどの、需要急増に対応するように設計されています。

メーカーとエンドユーザ向けにもっとも堅牢なビデオプラットフォームを提供するため、Octasic社は、MPEGビデオ符号化専門企業Dicas社と、ライセンス契約を結びました。Dicas社の実績あるH.264デコーダを統合することで、モバイル機器に搭載されている各種H.264エンコーダやウェブとの相互運用性が確実なものとなります。

さらに、Vocallo MGWは、洗練された混在機能を提供しています。複雑なIVVR機能、ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)、ブランド・ビデオ・ストリーミングを作成するため、ユーザは、最大16レイヤーをリアルタイムに組み合わせることができます。

「Vocallo MGWには、現在市場にある中で最高の音声・ビデオ品質が組み合わされています。弊社のDSPの電力効率は2倍で、現在入手可能なモバイル・ビデオ・ソリューションの中でもっとも電力効率のいいソリューションです。」と、Octasic社CEOのRobert Blakeは述べました。「お客様が弊社製品で最高のQoE (quality of experience)を達成できるよう、業界をリードするDicas社のビデオデコーダのライセンスを利用することを、光栄に感じています。」

Vocallo MGWは、DSPプログラミングの必要なしに、パケットベースAPIを通じて制御される完全なビデオ処理ソリューションを提供します。各ビデオストリームは、各モバイル加入者用に、独立して構成・管理できます。Vocallo MGWは、H.263、MPEG-4、H.264ビデオコーデックのトランスコーディングをサポートしており、音声ストリームの適合ジッタバッファとコーディネーションを提供し、無線・有線の音声コーデックをすべて提供しています。

「モバイルビデオは、急速に進化している市場です。」と、Dicas社CEOのSebastian Moeritzは述べました。「業界の成長を促進させ、消費者の需要を満たすために、純粋な音声とビデオへのモバイルアクセスを適正な値段で提供するというOctasic社のビジョンは、弊社のビジョンを補完するものです。両社の相互利益のために、業界最高のH.264デコーダをOctasic社に提供できることを、光栄に感じています。」

幅広いパートナーネットワークと協業しながら、Octasic社はまた、PCIeとATCAフォームファクタ・ソリューションをお客様に提供し、この動向の激しい市場分野で開発期間の短縮を実現できるでしょう。

Dicas社について

1999年に設立されたDicas社は、MPEGを中心にしたビデオ符号化専門企業で、放送、IPTV、モバイルTV、インターネットストリーミング、マルチメディア、セキュリティなどのアプリケーション向けに、ISO MPEG-4リアルタイム・ビデオ符号化ハードウェアとソフトウェアのソリューションを開発している大手企業です。mpegableというブランド名の下で、Dicas社は、多くのオペレーティングシステムとDSP/IC向けに、MPEG-4、MPEG-4 AVC/H.264 (SDおよびHD)、3GGPP準拠のプロ用ソフトウェアツールとコンポーネントを提供しています。Dicas社ではまた、MPEGベースのビデオ符号化ソリューションの開発、カスタマイズ、最適化のために、サービスを提供しています。

Octasic社について

Octasic社は、コンバージドネットワーク事業者、大企業、エンドポイント通信機器市場向けに、メディアおよび無線モデム処理シリコンとソフトウェアソリューションを提供しているグローバル企業です。同社の最高品質VoIP、ビデオおよびマルチスタンダード無線基地局DSPソリューションは、独自のOpusクロックレスDSPアーキテクチャをベースにしています。Octasic社は、密度と消費電力の点で他社の追随を許さない性能を提供することにより、次世代機器メーカーでの大幅なシステムコスト削減を可能にします。1998年に設立されたOctasic社は、株式非公開会社で、本社はカナダのモントリオールにあります。

Octasic社 PRお問い合わせ先
Joyce RadnorまたはBree Clidence
SVM広報
+1-617-787-5192または+1-760-754-7025
joyce.radnor@svmpr.comまたはbree.clidence@svmpr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。