logo

ノーテル社、Supercomm 2009で、キャリアVoIPソフトスイッチ市場の技術水準を大幅に向上

Nortel CVAS、業界をリードするCS 2000キャリアIPソフトスイッチに、新型ハードウェアとソフトウェア製品を追加し、サービスプロバイダの維持コスト削減と利益増大を実現。

Chicago, Illinois, Oct 21, 2009 - (JCN Newswire) - キャリアVoIPおよびソフトスイッチ市場でトップの座を強固なものとし、サービスプロバイダによるネットワーク効率向上、総所有コスト削減、加入者解約率低減などを推進し続けるため、ノーテル社(1)(OTCBB: NRTLQ)CVAS(Carrier VoIP and Application Solutions)は、Supercomm 2009トレードショーで、最先端ソフトスイッチCommunication Server 2000(CS 2000)の機能拡張を発表しました。

Nortel CVASは、キャリアVoIPとソフトスイッチ市場で、2002年からずっとトップサプライヤのランキングを維持しています。この成功は、企業向け音声マルチメディアソリューション、一般消費者向け音声マルチメディアソリューション、Transit and Multimedia Interconnectソリューション、Class 5ソリューションなど、実績ある最先端VoIP技術によるものです。

これらのソリューションは、大小規模を問わずサービスプロバイダでのサービス展開ニーズを満たすために、全世界で成功裏に展開されてきました。これらのソリューションはメディアに依存せず、全PSTN機能を透過性し、ネイティブSIPまたはハイブリッド環境で展開可能で、すべてのVoIPネットワーキングおよび管理要件を満たす主要機能がバンドルされており、エンドツーエンドでのテストを実施済みです。

ノーテル社は、さらに小さな設置面積でサービスプロバイダの処理能力を拡大する新型ハードウェアプラットフォームCS 2000aを発表しました。CS 2000aでは、現在のハードウェアオプションと比較して、設置面積を最大70%縮小、消費電力を最大50%節約できます。ノーテル社のCS 2000aでは、最繁時呼数(BHCA)500万件以上の通話処理能力をサポートしますので、サービスプロバイダは、通話ピーク時処理をさらに効率的に行えるようになります。

CS 2000aでは、ノーテル社が広く展開してきている第二世代キャリアグレードATCAベースのハードウェアプラットフォームと、業界トップのミドルウェアプラットフォームVSE(Versatile Service Engine)を組み合わせて、活用しています。ノーテル社のVSEプラットフォームは、どんなアプリケーションにも対応しています。また、業界トップの実績ある99.9999%の信頼性を提供するため、緊密な統合と一貫したシステム管理を同時に活用しつつ、プラットフォームへのアプリケーション移行を容易にするなど、ATCAプラットフォームを超える差別化要素を数多く提供しています。

ノーテル社はまた、次のソフトウェアリリース (I)CS 2000 CVM 14も発表しました。これにより、加入者のコミュニケーション体験を一元化する数々の強力な先進SIPアプリケーションが使用可能になります。これらの新しいSIPアプリケーションにより、加入者は容易に、そして柔軟かつ効率的にコミュニケーションやコラボレーションを行えるようになりますので、サービスプロバイダの競争優位性が増大します。

「世界各国のサービスプロバイダにとって、業界をリードするノーテル社のCVASソリューションは不可欠なものです。サービスプロバイダの皆様が、ネットワーク効率向上や、潜在利益拡大や、加入者ロイヤリティ向上を行う手段となる機器に、弊社は投資を続けてまいりますが、今回の最新製品拡張はそれを裏付けるものです。」と、Nortel CVAS社長Samih Elhageは述べました。「Nortel CVASは、グローバルなキャリアVoIPおよびソフトスイッチ市場で圧倒的なトップの座にありますが、本日発表したCS 2000ハードウェアとソフトウェアの拡張により、さらに大きく飛躍することでしょう。今回の拡張は、サービスプロバイダの処理能力を向上し、スケーラビリティを拡大し、加入者への先進SIPアプリケーション提供をサポートする弊社のコミットメントを示すものです。」

新型CS 2000ハードウェアとソフトウェア拡張のハイライトは、次のとおりです。

ノーテル社のキャリアグレード・オープン標準AdvancedTCA™テクノロジをベースにしたCS 2000aでは、BHCA 500万件以上の通話処理能力、最大70%の床面積節約、サービスコスト削減などにより、サービスプロバイダが現在のOPEXの課題に対処する支援をします。さらに処理能力を追加する場合、単にソフトウェアRTUを追加するか、ATCAシェルフ内のブレードペアを追加するだけで済みますので、費用のかかるネットワークセンタ設備の拡張が不要になります。CS 2000aではまた、サービスプロバイダがプラットフォームやアプリケーション間で統合リモートパッチングやアップグレードを実行できますので、運用コストの出費を抑えられます。ハードウェア統合度が高いため、ケーブル設置やオンサイト導入のワークロードが減り、展開期間を最大6週間に短縮できます。

(I) CVMリリース14ソフトウェアの機能により、サービスプロバイダは、さまざまな新しいSIP業務アプリケーションを提供できます。CVM 14の機能には、SIP端末/クライアント向けHosted Call Center機能、エンドユーザによるSIPマイグレーションを簡単にするSIPモバイルUCクライアント、SIPビジネストランクによる加入者向けマルチメディアおよび通話処理能力の拡張、住宅向けサービス用DECT SIP端末サポート、展開期間短縮のためのSIP端末のリモートプロビジョニング、その他通信事業者のコスト削減に役立つOAM機能などがあります。ノーテル社の(I)CVMリリース14ソフトウェアは、Nortel CS 2000aおよびすでに展開済みのCS2000ハードウェアプラットフォームでご利用いただけます。

ノーテル社の最新のCS 2000ハードウェアとソフトウェア拡張は、2010年第二四半期から利用可能になる予定です。今週シカゴで開催されるSupercommのノーテル社ブース(#2120)で、デモが行われる予定です。詳しい情報は、ノーテル社ウェブサイトのSupercomm関連情報( www.nortel.com/events )をご覧ください。

ノーテル社は、1.15億を超えるキャリアVoIPおよびマルチメディア・ポートを、世界350社以上の有線・無線通信業者に出荷しています。Nortel CVASは、全世界で大手通信業者などのお客様に展開されています。キャリアVoIPとソフトスイッチ市場で、2002年からずっとトップサプライヤのランキングを維持しています。さらに、ノーテル社はIDC社による世界通信業者売上高ランキング上位20社の3分の2に、VoIPソリューションを提供しています。

概要: ノーテル社

ノーテル社では、「Business Made Simple(ビジネスをよりシンプルに)」というお客様へのお約束を具体的な形でお届けするような、通信機器・設備を提供しています。ノーテル社の次世代テクノロジは、サービスプロバイダおよびエンタプライズネットワーク向けに、マルチメディアとビジネスクリティカルアプリケーションをサポートしています。ノーテル社のテクノロジは、ネットワークを簡素化し、人々が必要なときに必要な情報にアクセスできるようにすることで、効率性、スピード、パフォーマンスなどといった今日のネットワークの課題解消に役立つように設計されています。詳しい情報は、ノーテル社ウェブサイト www.nortel.com をご覧ください。ノーテル社についての最新ニュースは、 www.nortel.com/news をご覧ください。
このプレスリリースには、「場合」「予定」「ことがある」「予測」「考えられる」「意図」「推定」「目標」「ビジョン」「追求」という言葉やその類似表現が含まれていることがあります。このような表現は、関連証券法における「将来予想に関する記述または情報(forward-looking statement)」と見なされます。これらの記述は、ノーテル社が営業している営業環境・経済状況・市場などについて、現在ノーテル社が期待・推定・予測・計画している内容を基に書かれています。これらの記述は、予測の難しい重要な仮定・リスク・不確実性の影響を受けやすく、将来予想に関する記述で予測されている内容と、実際の結果が著しくことなる場合もあります。これらの要因のどれかまたは他の要因についての詳しい情報は、ノーテル社が米国証券取引委員会に提出した年次報告書(書式10-K)、四半期報告書(書式10-Q)、その他の証券関連書類をご覧ください。適用される証券法で求められない限り、ノーテル社は、新しい情報や将来の事象その他の結果のいかんによらず、いかなる将来の見通しに関する記述の更新または改訂について、それを行う意図や責任を明示的に否定します。
(1)Nortel、Nortelのロゴ、GlobemarkはNortel Networksの商標です。
(2)これは、弊社のウェブリンク規則に記述されているサードパーティリンクです。
「パートナー」という言葉は、ノーテル社と他の企業の法的なパートナーシップを示すものではありません。

お問合せ先:

Nortel
Jamie Moody
972-684-7167
moodyjam@nortel.com
www.nortel.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事