logo

インターネットバックボーン容量の価格は?

米国の市場調査会社テレジオグラフィー社がIP伝送料金を四半期毎に調査した年間購読サービス「IPトランジット料金データベースサービス(年間購読) - IP Transit Pricing Service」を出版

通信サービスの卸の売買で、IP伝送は最大のもののひとつである。しかし、米国調査会社テレジオグラフィー社の年間購読サービス「IPトランジット料金データベースサービス(年間購読) / IP Transit Pricing Service」は、IP伝送料金は、地域毎、サービスプロバイダ毎、ポート容量毎、データレート毎に大きく異なると報告している。

●IP伝送料金は、市場毎のサービスプロバイダによって大きく異なる。例えば、2009年の第2四半期に、ニューヨークのGigE(1000 Mbps)ポートの料金は、Mbps当たり月額8-12ドルで、平均すると9ドルだった。
●北米や欧州の主要都市でのGigEポートのIP伝送料金は、平均的にはMbps当たり月額10ドルだが、東京では31ドル、サンパウロでは52ドル、ムンバイでは80ドルだった。
●ポート容量とデータレートはIP伝送サービス料金に大きく影響する。2009年第2四半期に、ニューヨークのFastE(100 Mbps)ポートの平均ユニット料金は、GigEポートの約2倍だった。

テレジオグラフィー社は、IP伝送の売買に関わる人々がビジネスの意思決定をするために必要な情報を提供している。世界の55の主要都市の17万5千の料金のデータベースを提供し、情報は四半期毎にアップデートしている。料金は、キャリア毎、ポート容量毎、データレート毎に記載している。

【調査レポート】
IPトランジット料金データベースサービス(年間購読)
IP Transit Pricing Service
リンク

◆テレジオグラフィー社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ギガビットイーサネットアクセスの卸売価格 2009年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事