logo

シリコンナノ結晶デバイスの市場は2016年までに21億ドルに達する

米国の市場調査会社ナノマーケット社が、今後のナノシリコン市場におけるビジネスチャンスを分析・予測した「ナノシリコン市場調査:市場動向と2016年までの予測 - Opportunities for Nanosilicon: 2009 to 2016」を出版

米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「ナノシリコン市場調査:市場動向と2016年までの予測 ー Opportunities for Nanosilicon: 2009 to 2016」は、シリコンナノ結晶デバイスとプリンテッドシリコンデバイスの市場を調査している。シリコンナノ結晶デバイスと、太陽光発電、メモリ、ディスプレーのバックプレーン、RFIDデバイスなどに使用されるサブシステムの8年間の市場予測を行っている。この調査レポートは、シリコンナノ結晶デバイスの市場は2016年には21億ドルに達するだろうと報告している。

【主要な調査結果】
●ナノシリコン市場の収益において最も大きなセグメントは太陽光発電で、2016年には15億ドルに達するだろう。太陽光発電におけるナノシリコンは未だ揺籃期にあるものの、現在薄膜・フレキシブル太陽光発電が直面している厳しい課題も克服されるだろう。ナノシリコン太陽光発電は、CIGSや有機PVよりも複雑でなくカプセル化のコストが安く、アモルファスシリコンPVより変換効率がかなり高い。

【主な掲載内容】
●ナノシリコン材料と製造
●ナノシリコンアプリケーションと市場
●2009-2016年のナノシリコン市場予測
 ○太陽電池
 ○コンピュータメモリ
 ○トランジスタ ほか

【調査レポート】
ナノシリコン市場調査:市場動向と2016年までの予測
Opportunities for Nanosilicon: 2009 to 2016
リンク

◆ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事