logo

エイサー、Windows(R) 7 を搭載したデスクトップPCの新モデル発売 ハイスペック・デスクトップのAspire M5800から2モデルデビュー ~2009年10月22日(木)発売~

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、Microsoft(R)の Windows(R) 7を搭載したacer(R)ブランドのデスクトップ「Aspire M5802」シリーズと「Aspire M5810」シリーズを2009年10月22日(木)より全国量販店にて順次発売開始いたします。


<主な製品特長:ASM5802シリーズ>
DVD鑑賞も、ストリーミングも、ゲームもトランスコーディングも、ネットショッピングもマルチに楽しめるコストパフォーマンスに優れた高性能スタンダードモデル。

▽高速&パワフルに処理する4コア仕様のクアッドコアCPU
4つの実行コアが実装されたインテル(R) CoreTM 2 Quad プロセッサーを搭載。複数のアプリケーションを同時に実行してもスムーズに高速処理。映像編集やゲームの再生など、CPUに負荷がかかる環境ほど、クアッドコアCPUの実力を発揮してくれます。

▽NVIDIA(R)GeForce(R) GT220採用で高解像度の映像をスムーズに描画
最新3DゲームやHD映像などをなめらかに再生するには、高度なグラフィック性能が不可欠です。そこで、48のプロセッ
シングコアによってパワフルに処理するNVIDIA(R)GeForce(R) GT220を搭載。複数のアプリケーションを同時に実行して
もスムーズに高速処理。映像編集やゲームの再生など、CPUに負荷がかかる環境ほど、クアッドコアCPUの実力を
発揮してくれます。

▽楽しさを広げる拡張性に優れた充実のインタフェース
使用頻度の高いUSB2.0ポートをはじめ、ワンケーブルでつなげられるHDMITMポートや幅広いメディアに対応したカード
リーダー、PCI Express(R) 2.0 X1 スロットなど、携帯端末からプリンターまで多彩な機器を接続できる優れた拡張性を
備えています。

----------------------------------------
型番: ASM5802-A48
店頭想定売価 : 84,800円
製品仕様: 詳細スペックは別紙に記載
発売日: 2009年10月22日(木)
販売: 全国の量販店にて
---------------------------------------

<主な製品特長:ASM5810シリーズ>
ハイビジョン映像の視聴、ムービー編集、Direct X(R)10対応のゲームプレイなど、デジタルエンターテインメントの楽しさを高度なパフォーマンスで無限に引き出すエキサイティングモデル。

▽インテル(R) CoreTM i7 プロセッサー搭載でストレスのない快適な動作環境を実現
ビデオ編集からHDゲームまでストレスフリーで楽しめるインテル(R) CoreTM i7 プロセッサーを搭載。4つの各コア上で2つのスレッドを同時実行させる高速マルチスレッド処理により、CPUに高負荷がかかる高度なデジタルエンターテインメントも快適な動作環境で満喫できます。

▽圧倒的なリアリティを生み出すNVIDIA(R) GeForce(R) GTS250採用
HD映像をなめらかに、ディテールまで繊細に色鮮やかに描画するNVIDIA(R) GeForce(R) GTS250を採用。1GBの専用メモリを備えているので、高度なグラフィック性能を要求される立体的でグラフィカルな3Dゲームなども、惹きこまれるほどリアルな映像美で楽しめます。

▽最大16 GBメモリまで対応する64ビット版OS
搭載の4GBメモリをフル活用できる64ビット版OSを搭載。大容量メモリを必要とするアプリケーションを使用しても動作がスムーズで快適です。最大16GBまで対応したOSなので、フルメモリまで拡張すれば、よりタフなハードワークも思いのままにこなせます。

▽メタリックテイストのスタイリッシュデザイン
デザインクオリティも最大限まで高めたAspire M5810シリーズ。質感美が漂うメタリックテイストでフロントをまとめ、高級感のあるシルバーで全身をカラーリング。さらに、電源をONにするとロゴが輝きを放つなど、クール&ビューティな表情に仕上げています。

-------------------------------------
型番: ASM5810-A47
店頭想定売価 : 144,800円
製品仕様: 詳細スペックは別紙に記載
発売日: 2009年10月22日(木)
販売: 全国の量販店にて
-------------------------------------

今後もエイサーは最高のカスタマー・エクスペリエンスを提供できるよう、製品・サービスを開発・提供していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事