logo

西欧の有料テレビによる収益は3倍増の成長

英国の市場調査会社、インフォーマテレコムズ&メディア社が西欧のテレビ市場について調査した「西欧のテレビ市場 (第13版) - Western European TV (13th edition)」を出版

英国の調査会社インフォーマT&M社の調査レポート「西欧のテレビ市場 (第13版) - Western European TV (13th edition)」は、西ヨーロッパのデジタルテレビ世帯普及率は、2008年末の62%から2014年末の93%まで成長するだろうと報告している。デジタルテレビ世帯数は今後5年間増加し、有料テレビの収益は2011年に326億ドルでピークに達するものの、その後やや減速して、2014年には319億ドルとなるだろう。

2014年にデジタルテレビの普及率が100%となるのはフィンランド、フランス、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、英国の8ヶ国で、欧州のデジタルテレビへの移行は、全体としては当初の2012年という計画よりやや遅れるだろうと、この調査レポートは報告している。

インフォーマT&M社のメディア調査部長のAdam Thomas氏は、「デジタルテレビの普及は目覚しいものの、顧客はデジタルサービスに対価を支払うことを余儀なくされている。ケーブルは特にひどく、地上波デジタルテレビの追い上げにあって、来年の欧州のナンバー1テレビプラットフォームの座を失うだろう。今後2014年までに無料の地上波デジタル放送の加入者が40%以上増加し、有料テレビのシェアを奪うだろう」と述べている。

有料テレビプラットフォームは、金額に見合う価値を提供していることを顧客に示すために、デュアルプレーやトリプルプレーのパッケージ(テレビ+ブロードバンド+電話)によって、無料コンテンツに対抗している。しかしこれは、バンドリングサービスのテレビの部分に特有の結果を招くことになる。Thomas氏は、「バンドリングはオペレータのARPU全体を引き上げるが、有料テレビのARPUを減少させる。したがって、有料テレビプラットフォーム全体、特にケーブルやIPTVのARPUの減少はまちがいないし、衛星放送のARPUもまた然りであるだろう」と述べている。

【調査レポート】
西欧のテレビ市場 (第13版)
Western European TV (13th edition)
リンク

◆インフォーマテレコムズ&メディア社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事