logo

中国のネットブック市場に特有の課題

米国の市場調査会社In-Stat社が、中国のネットブックコンピュータ市場を調査した「中国のネットブック市場調査:市場概況、関連企業分析、市場予測-China's Netbook Market: Not as Big as It Looks」を出版

中国のネットブック市場は利幅が大きく、いかなるPCメーカーも家電メーカーもこれを見過ごすことはできない。しかし、いくつかの要因から、市場は当初見積もられていたほどは大きくはならないようだと、米国調査会社インスタット社は報告している。それはまず、データ接続のための3Gネットワーク容量が限定的であること、さらには、Intelがノートブック市場を保護するために、市場開発を制限していることである。Intelは既に、ネットブックと市場を争う最新の超低電圧プラットフォームを発売している。

「中国のネットブック市場の先行きは不透明である。結果的には、中国のネットブックは過渡的な商品ということになるかもしれない」とインスタット社のアナリストAshley Liu氏は語る。

ネットブックは、通常8インチから12インチのスクリーンをもつ、より小型のラップトップコンピュータで、無線通信とインターネット接続のために設計されている。

インスタット社は、下記についても調査した。

●端末の市場成長が限定的であり、TD-SCDMA加入者は2011年には500万弱だろうと、インスタット社はみている
●今年の中国のネットブック出荷数は246万台で、半数以上が通信会社チャネル経由だった
●China Mobileは、3段階のネットブック補助金を提供している。しかし、オペレータは今後3年間で補助金を減額するだろうとインスタット社は見ている
●SamsungやFreescaleなどのベンダは、IntelからAtomチップセットを入手できないため、Shanzhai(山寨、クローンメーカー)ネットブックベンダをターゲットとするARMベースのソリューションを採用した

インスタット社の調査レポート「中国のネットブック市場調査:市場概況、関連企業分析、市場予測 - China's Netbook Market: Not as Big as It Looks」は、ネットブックコンピュータの中国市場を調査した。2013年までの中国のネットブック市場予測、China Mobile、China Unicom、China Telecomの加入者・ネットワーク成長計画・ネットブック販促の分析、ネットブックバリューチェーンの査定、Google Chrome、Google Android、RedFlag LinuxなどのチップセットやOSの主要企業の分析、Lenovo、Dell、HP、Tsinghua Tongfangなどのエンドデバイスメーカーのプロフィールを提供している。



【調査レポート】
中国のネットブック市場調査:市場概況、関連企業分析、市場予測
China's Netbook Market: Not as Big as It Looks
リンク

◆インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。