logo

エコポイントを目的に購入時期をずらした…44.1%~「エコポイント制度」に関する調査結果を発表

●エコポイントを目的に購入時期をずらした…44.1% 
●地デジ対応テレビはエコポイントの影響が大きい?
 制度が購入のきっかけに…6割以上 

制度の導入により電器店を賑わせたエコポイント。
利用した人はどの位いるのでしょうか?

インターワイヤード株式会社運営のネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)では、
『エコポイント制度に関するアンケート』を2009年8月5日~8月20日にかけて行い、
エコポイント制度の認知、製品の購入、制度の効果などについてまとめました。
DIMSDRIVE登録モニター8,590人から回答を得ています。

調査結果の詳細  リンク



-------------------------------------------------------------
【1】 5/15~8/20間にエコポイント商品を購入した・・・1割

エコポイント制度の認知について尋ねたところ、「知らなかった」と回答した人はわずか2.3%で、
『エコポイント制度の認知者』は97.7%と非常に高かった。

5/15~8/20間でのエコポイント認知者の対象製品購入状況・ポイント交換状況については、
「すでに購入し、商品と交換した」人は0.7%と僅か。また、
「すでに購入し、エコポイントを登録申請した」3.8%、
「すでに購入したが登録申請は行っていない」6.7%となっており、
対象製品を『購入した』人は11.2%と1割ほどであった。
(※回答者全体での購入割合は10.9%)

-------------------------------------------------------------
【2】 家電量販店での購入が圧倒的

購入した商品は
「地上デジタル放送対応テレビ」57.9%、
「エアコン」29.3%、
「冷蔵庫」24.9%と、テレビを購入した人が多く、
購入場所については「家電量販店」が79.0%と圧倒的であった。

ポイント交換先(交換意向含む)については、
「商品券・プリペイドカード」が66.5%と圧倒的となっている。


-------------------------------------------------------------
【3】 エコポイントを目的に購入時期をずらした…44.1%

■エコポイントに合わせて購入時期をずらした割合
対象製品を購入した人(n=938)のうち、購入するにあたり、
エコポイントに合わせて「購入時期を早めた」人は32.3%、
「遅らせた」人は13.1%となり、
『エコポイントに合わせて購入時期をずらした』人は44.1%と半数近い。

特に、地デジ対応テレビ“のみ”を購入した人については47.3%となっており、
エアコンのみを購入した人35.9%、冷蔵庫のみを購入した人38.3%に比べて
『購入時期をずらした』割合が1割ほど高くなっている。

-------------------------------------------------------------
【4】 エコポイントは6割が「購入のきっかけになった」
対象製品を購入するにあたり、エコポイント制度が“どの位きっかけになったか”を尋ねたところ、
「きっかけになった」26.8%、「ややきっかけになった」32.8%と、
6割近くの59.6%が『きっかけになった』と回答した。

特に、地デジ対応テレビ“のみ”を購入した人については63.0%と6割を超えた。

地デジ対応テレビを購入した人は、
『購入のきっかけになった割合』・『制度に合わせて購入時期をずらした割合』がエアコン・冷蔵庫に比べて高く、
エコポイント制度の影響で購入した人が多いことが伺える結果となった。

-------------------------------------------------------------
【5】 エコポイント制度、「地デジ普及」・「経済的効果」は4割が期待。
しかし「温暖化防止」には…2割以下 

エコポイント制度の“効果”については・・・

「非常に効果がある」+「まあ効果がある」を合わせた、
『ある程度以上効果がある』と感じている人の割合は、
【地デジテレビ普及に】が最も多く43.8%、次いで【経済的に】37.9%と続いた。

しかし【地球温暖化防止に】効果があると回答した人は17.4%と2割を切り、
エコポイント制度の経済的な効果を感じる人はある程度いるが、
地球への効果は、あまり期待されていないようである。

-------------------------------------------------------------
■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2009年8月5日~8月20日
有効回答数 : DIMSDRIVE登録モニター男女 8,590人

■調査項目
・エコポイント制度の認知率
・対象製品購入状況・ポイント交換状況
・エコポイント制度の効果について(地デジ対応テレビ普及に・経済的に・地球温暖化防止に)
【対象製品購入者】
・対象製品の購入について(家電の種類、購入場所)
・ポイント交換先の希望
・製品比較時に、エコポイント対象品を意識した度合
・エコポイントを目的にした購入時期の変更について
・エコポイントが購入のきっかけになったか
【未購入者】
・今後の対象製品購入意向

-------------------------------------------------------------

●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、全国に18万人のモニターを擁し、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定やライフスタイル分析など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。

DIMSDRIVEホームページ リンク


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー3F
<TEL> 03-5463-8255
<ホームページ> リンク
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>ネットマーケティングリサーチサービス「DIMSDRIVE」運営

-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
TEL : 03-5463-8256
Email : timely@dims.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。