logo

上級副社長 兼 自動車製品グループジェネラル・マネージャにポール・グリームが就任

STマイクロエレクトロニクス 2009年09月28日 10時53分
From PR TIMES


STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、2009年9月22日付で、
ポール・グリーム(Paul Grimme)をオートモーティブ製品グループ(APG)
ジェネラル・マネージャ 兼 上級副社長に任命したことを発表しました。
本年、STに入社し、これまでAPGの副事業部長であった同氏は、今後、CEOである
カルロ・ボゾッティ(Carlo Bozotti)の直属となります。

社長 兼 最高経営責任者(CEO)であるカルロ・ボゾッティは、次の様にコメント
しています。「本年4月に入社したポールは、市場に対する深い知識と経験をSTに
もたらしてくれました。この5ヶ月間に、ポールは、前任者のウゴ・カレーナ
(Ugo Carena)の指導のもとAPGの副事業部長として『ST方式』を充分習得する
期間を与えられ、自動車分野向け半導体におけるSTのサクセス・ストーリーを
生み出すために最適な人物であることを証明しました。」

ポール・グリームは、米国のモトローラ社でキャリアをスタートさせ、
製品技術、マーケティング、事業運営など責任範囲を次第に拡大し、1999年には、
上級副社長として8/16bit製品事業部ジェネラル・マネージャに就任後、
アドバンスド・ビークル・システム事業部 事業部長 兼 副社長に昇進しました。
その後、モトローラの半導体事業の分社化によって設立されたフリースケール・
セミコンダクタ社において上席副社長 兼 トランスポーテーション&
スタンダード・プロダクツ・グループ責任者を務め、STへの入社前は、
フリースケール・マイクロコントローラ・ソリューション・グループの責任者
兼 上席副社長でした。

ウゴ・カレーナは、1997年にSTに入社し、当時新設されたプリンタ事業部を経て、
その後、上級副社長 兼APGジェネラル・マネージャを務め、この度、引退する
こととなります。同氏の精力的な活躍により、STはマイクロ流体製品における
確固たる礎を築き、さらには、自動車製品事業におけるリーダーシップを構築する
こととなりました。一貫した顧客重視の姿勢は、数々の素晴らしい成果をSTに
もたらしました。その中には、コンチネンタル社の
「Automotive Supplier of the Year 2008 Award」の受賞、
ナビゲーション・プロセッサ であるCartesioファミリや
高度運転補助システム(ADAS)の開発、さらにはハイブリッド および
電気自動車への取り組みなど、数々の製品に関する成功も含まれています。
同氏は、2009年末まで、APGをサポートする予定です。

ポール・グリームおよびSTの経営陣に関する経歴書は、以下URLをご覧下さい。
リンク

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2008年の売上は98.4億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]