logo

無線モニタ・アプリケーションを強化するRF機能(2.4GHz)内蔵の32bitマイコンを発表

STマイクロエレクトロニクス 2009年09月25日 09時26分
From PR TIMES

IEEE 802.15.4に準拠したクラス最高のRF機能と共に、高性能、高コード密度、高集積を実現したSTM32Wファミリ


マイクロコントローラ分野の世界的リーダーであるSTマイクロエレクトロニクス
(NYSE:STM、以下ST)は、STM32マイクロコントローラ(以下マイコン)の
製品ポートフォリオを拡充するSTM32Wファミリを発表しました。
このファミリは、IEEE 802.15.4に準拠するRF機能を集積しており、
組込み無線センサ・ネットワークの設計をサポートする
SoC(システム・オン・チップ)プラットフォームを実現します。

IEEE 802.15.4は、2.4GHz帯域で使用される低電力・低データ転送RFのオープン規格で、
スマート・メータ、ホーム・オートメーション、セキュリティおよび監視機器、
リモート・コントロールなどの通信およびネットワーク接続アプリケーションに
幅広く使用されています。IEEE 802.15.4は、センサ・ネットワークやメータ自動検針等の
アプリケーションに一般的に使用されている業界標準のZigBeeプロトコルの
無線プラットフォームとして、ZigBee(TM)アライアンスが策定しました。

新しいSTM32Wファミリには、IEEE 802.15.4の物理(PHY)層および
媒体アクセス制御(MAC)層が構成されているため、開発者にZigBee準拠の仕様への適合、
もしくは標準化されたIEEE802.15.4 MACと接続するネットワーク無線プロトコルを
構築するといった柔軟性を提供します。その他、よく知られているプロトコルには、
高周波リモート・コントロール用のZigBee RF4CEや、
無線組込みインターネット・ソリューション用の6LoWPANなどがあります。
STM32Wファミリのソフトウェア・サポートには、最新のZigBee PRO仕様、
ZigBee RF4CE、IEEE 802.15.4 MACなどのライブラリが含まれています。

新しいデバイスは、クラス最高の無線プラットフォームの利点と、
STM32マイコン・アーキテクチャの性能、柔軟性およびスケーラビリティ
を兼ね備えています。業界で有数の幅広さを誇っているSTM32の製品ポートフォリオは、
高度な32bit ARM(R) Cortex-M3(TM)コア・ベースのプロセッサで構成され、
組込みアプリケーションに32bitマイコンを幅広く利用する上での
あらゆる障壁を初めて取り除きました。高い処理能力、高度な電源マネージメント、
高い集積度、リアルタイム動作といった特徴が、
世界中で多くのSTM32プラットフォームの開発者を魅了しています。

この実績ある製品ラインに加わったSTM32Wファミリは、他のSTM32シリーズと
互換性があると同時に、STM32の開発ツール等の活用も可能です。
また、高効率なCortex-M3コアによって、他のアーキテクチャより、
少なくとも20%を上回るクラス最高のコード密度を実現しています。

STM32Wは、IEEE 802.15.4に準拠したクラス最高の RF性能と32bit処理能力
を兼ね備えています。最高7dBmの送信電力、最大107dBのリンク・バジェット
のサポート、-100dBmまでの受信感度を実現するだけでなく、
2.4GHz周波数帯域で動作する近距離のWi-FiやBluetoothネットワークとの共存が可能です。

STM32Wファミリの性能面における大きな特徴は、27mAの受信モードや
31mAの送信モードという非常に僅かな消費電力や、
電源マネージメントを支える1μAのディープ・スリープ・モードを備えていることなどです。
無線アプリケーションをサポートするための特殊機能には、
SRAM(8KB)、コード・ストレージ用のFlash(128KB)、ハードウェアで高速化する
組込みAES暗号化などがあります。汎用リソースには、柔軟性のあるADコンバータ、
SPI/UART/TWIシリアル・インタフェース、複数のタイマ、シュミット・トリガ入力を持つ
24個のGPIOなどがあります。2.1V~3.6Vの単一電圧動作によって設計がシンプルになり、
高い集積度によって外付け部品点数の低減が可能です。
外付け部品として、24MHzの水晶発振子、またはタイマの精度を上げるための
オプションである32.768kHzの水晶発振子のみが必要です。
なお、外付けパワー・アンプにも対応しています。

STM32Wファミリは、クラス最高のRF機能(2.4GHz)と
強力な32bitコアを上手に組み合わせることによって、
優れたネットワーク・システム性能と関連動作の低消費電力化を実現し、
バッテリ寿命の長時間化を可能にします。

STM32Wファミリは、SN260とピン互換性のある40ピンQFNパッケージ(6 x 6mm)、
またはSN250と互換性のある48ピンQFNパッケージ(7 x 7mm)で提供されます。
単価は、ZigBee PRO機能セットを付加した場合、約10万個以上購入時に約2.90ドルです。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、
マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2008年の売上は98.4億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク













本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]