logo

アボセント、AutoViewデジタルKVM over IP スイッチを発表

アボセント、コスト意識の高い企業向けにASICをベースとしたKVM over IPスイッチをアジアパシフィックにて発表。
アボセントのAutoViewデジタルKVM over IP スイッチが、IT運営管理機能を超低価格で実現



2009年9月7日 - ITオペレーション・マネジメントリーダー企業であるアボセントコーポレーション(Nasdaq: AVCT) は本日、ASICをベースとしたデジタルKVMスイッチであるAutoView 3008およびAutoView3016の2種類を発表しました。
これらは、複数のサーバーや接続機器のローカルおよび遠隔操作を可能にするもので、シリコン
チップ上で最も高度に統合されたKVM機能を象徴するアボセント独自のシステムオンチップ(SOC)テクノロジを採用しています。このテクノロジは、市場におけるこの分野唯一のものであり、KVM機器に必要なアナログおよびデジタル両機能をシングルASIC(Application Specific Integrated Circuit)に統合します。

中小企業市場向けに設計された最新世代のAutoViewデジタルソリューション・パッケージは、
中小企業のITマネージャーに大企業レベルの強化された基本的なIT環境操作を提供します。
また、AutoViewインフラストラクチャー管理システムにより、どのような企業でも、AutoView
搭載のウェブインターフェースを通して、あらゆるIP接続から、PC、サーバー、シリアル機器を
ローカルおよび遠隔両方でしっかりとした操作ができるようになります。

中小企業が求めるインラインや省スペースな初心者向けスイッチは、操作が簡単なホットキーやマウス主導の画面表示 (OSD)メニューを特徴とし、全てのポートや対象とする機器を操作します。
また、SSL-128ビット、3DES、AESといった強力な暗号化プロトコルをサポートしており、遠隔からの安全なIPアクセスを確保します。アボセントのAutoView KVMスイッチは、OSの状態や種類に関わらず、迅速な問題解決や物理的なサーバーの保守向けに、帯域外のBIOSレベルのアクセスを提供します。

アボセントのセールス担当アジアパシフィック・バイスプレジデントであるライアン・シーア(Ryan Sia)は、次のように述べています。
「ASICをベースとしたテクノロジを我々のKVM over IPスイッチに組み込むことで、中小企業
市場に対して、特に中小企業が最大限のコスト削減や安定した機能性を求める場合、素晴らしい価値のある提案をします。」

アボセントの初代となるASICをベースとした中小企業向けKVMスイッチの発表は、中小企業市場内においてIT運営管理向けのKVM およびIPテクノロジを活用することで、企業のリーダーシップをさらに強化します。

【アボセントコーポレーションおよびアボセントジャパン株式会社について】

アボセントは、ハードウェアとソフトウェアを統合させた帯域内/帯域外での中央集中管理を
通して、運用コストの削減、管理の簡素化、および重要なIT環境の24時間365日の可用性向上を実現するITインフラ管理ソリューションを提供しています。アボセントジャパンは、アボセントコーポレーション100%出資の日本法人です。

詳しい情報については以下のWebサイトをご参照ください。
www.avocent-asia.com/jp/product2-av3008-16.html


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]