logo

エフセキュア「エフセキュア インターネット セキュリティ2010」発表

クラウド・テクノロジによりパフォーマンスが大幅に向上
新しいバージョンはより軽く!より速く!


エフセキュア・コーポレーション(本社: フィンランド)及び、日本法人のエフセキュア株式会社(本社: 神奈川県横浜市、日本法人代表: 桜田仁隆)は、PC初心者でも簡単かつ快適に高機能なセキュリティ環境が実現できる個人向けの統合型セキュリティソフト「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」と「エフセキュア アンチウイルス(TM) 2010」を9月4日より発売開始します。また、それに伴い、ロゴやスローガンなどを含む自社ブランドを刷新いたします。

「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」は、ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール、侵入防止、ペアレンタルコントロール、スパムメール対策、フィッシング対策を提供する統合型セキュリティ ソリューションです。「エフセキュア アンチウイルス(TM) 2010」は、ウイルス対策、スパイウェア対策のセキュリティ機能を揃えた、ベーシック機能にこだわったアンチウイルスソフトです。

◆主な新機能・改良点◆
- 軽さを実現!スキャン時間を約60%、起動時間は約30%削減
- メモリ使用量を約46%削減し、動作がスピーディに
- 「ブラウザ保護機能」により、危険なウェブサイトをユーザにわかりやすく警告
- デザインとユーザビリティを徹底研究することによって生まれかわったGUI
- クラウド・テクノロジの活用
- マルチエンジンによるクロスチェックによる高い検出率
- 明確でわかりやすいレポーティング機能
- Windows 7対応

ドイツの研究所AV-Test.org*が行った動作レポートによると、「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」は、従来製品と比較し、スキャン時間が約60%削減されました。また、エフセキュア社内検証の結果、起動時間は29%、使用メモリは46%削減されたことを確認しました。

刷新されたグラフィックユーザインターフェース(GUI)は、よりスタイリッシュでより分かりやすくなりました。ユーザは操作に迷うことなく、PCは常に安全な状態に保たれます。
エフセキュアのCTO (chief technical officer: 最高技術責任者)のPirkka Palomäki(ピルカ・パロマッキ)は、次のように述べています。「我々エフセキュアは、新バージョンを開発するに当たり、注意深く消費者の言葉に耳を傾けました。それにより、新しいGUIにより操作環境の整備をしました。また、『ブラウザ保護』などの最新機能を搭載し、ウイルス検知機能も改善しました。この新製品は、より快適により安全なネットライフを提供する為に生まれたといえるでしょう。」

「ブラウザ保護」とは、危険なサイトからユーザを守る機能です。たとえば、検索エンジンで検索をすると、検索結果の隣に小さなアイコンで安全か否かを表示します。また、危険なサイトへアクセスしようとすると、一旦、警告ページを表示し、ユーザの注意を喚起します。最近急増する、マルウェアをばら撒いたり、個人情報を盗む悪質なウェブサイトからユーザを守ります。

エフセキュアが2009年4月に日本、英国、米国、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、イタリア、ポーランドで行ったオンライン意識調査によると、「ウェブサイトを介して感染するマルウェアから自らのPCが保護されているか」という質問に対して、「自信がある」との回答は全体の20%にとどまり、40%を超える回答者が「自信がない」と回答しました。

「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」が搭載している最新の「ブラウザ保護」には、ブラウザやプラグインなどの脆弱性を悪用した攻撃に対抗する「脆弱性シールド」を搭載しています。「脆弱性シールド」により、ブラウザのセキュリティホールを悪用した攻撃から、セキュリティパッチの適応前であっても、ユーザを守ります。エフセキュアが行った調査によると、日本では44%がソフトのアップデートやセキュリティパッチの適用を意識的に行っていないと回答しました。世界的に比較してもポーランドに次いでソフトのアップデートの重要性の意識が低い地域という結果になりました。

「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」及び「エフセキュア アンチウイルス(TM) 2010」に搭載される「エフセキュア ディープガード(TM) 2.0」は、「サンドボックス」と呼ばれる仮想環境とクラウド上のDBを活用し、ゼロデイアタック(パターンファイル未対応期間のウイルス感染)による不正プログラムを検出します。

さらに、「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」では、迷惑メール対策、「ブラウザ保護」、有害サイトをブロックする「ペアレンタルコントロール」のパターンファイルをクラウド化することにより、PCへの負担を軽減と情報の反映のスピードアップを実現しています。

◆主要機能◆
・アンチウイルス
・スパイウェア対策
・未知のウイルスへの対策 (エフセキュア ディープガード)
・ルートキット対策 (エフセキュア ブラックライト)
・ファイアウォール
・アプリケーション通信制御機能
・ブラウザ保護
・迷惑メール対策
・有害サイトブロック機能(ペアレンタルコントロール)
・リアルタイムスキャン
・パターンファイル自動更新機能

◆ワクチン for ワクチン◆
エフセキュアは社会貢献活動の一環として「エフセキュア インターネット セキュリティ(TM) 2010」および「エフセキュア アンチウイルス(TM) 2010」の販売数に応じて、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会 (リンク)」寄付いたします。

※ 2009年にエフセキュアが行ったオンライン意識調査は、他国での調査は、独立系調査会社のZoomerang 社が2008 年12 月から2009 年2 月にかけて、20~40 歳のインターネットユーザーを対象に行ったもので、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、インド、香港で実施しました。調査に参加した人数は、一カ国あたり約200 名で、基本的なオンラインセキュリティに関する問題を出し、リッカート尺度を用いて、インターネットのセキュリティについての確信度を回答してもらいました。日本においては、ヤフーバリューインサイト株式会社が行っているYahoo!リサーチにより、全国の20歳~40 歳のインターネット利用者200 名を対象に、2009 年3 月に調査を行いました。

※ AV-Testについてはリンク
※ 製品の詳細についてはリンク

◆エフセキュア株式会社 会社概要◆
リンク
エフセキュア社は、IT先進国フィンランドで1988年に設立されて以来、20年にわたりセキュリティ製品に取り組んでいる業界の老舗で、世界規模でセキュリティサービスを提供しています。1999年にOMXヘルシンキ証券取引所に上場し、以来、業界で最も急速に成長し続けている株式公開企業です。
エフセキュア株式会社は、エフセキュア社100%出資の現地法人として設立され、以降、増収を続けながら順調に企業規模を拡大しており、2009年5月に日本法人設立満10周年を迎えました。

設  立 : 1999年5月
会 社 名 : エフセキュア株式会社
代 表 者 : 日本法人代表 桜田 仁隆
所 在 地 : 〒220-0011 横浜市西区高島2-19-12スカイビル23F
事業内容 : セキュリティ関連製品・サービスの販売およびサポート

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]