logo

Sky株式会社 クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.4.1」発売予定

Sky株式会社 2009年09月01日 12時56分
From PR TIMES

ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.4.1」(スカイシー クライアント ビュー バージョン4.1)を開発、11月より販売を開始する予定です。


■「SKYSEA Client View Ver.4.1」の概要
「SKYSEA Client View Ver.4.1」は、USBデバイス管理機能の強化やWindows 7、インテル vPro テクノロジーへの対応など、お客様からご要望の多かったさまざまな新機能を搭載し、よりご活用いただけるソフトウェアにバージョンアップいたしました。
「SKYSEA Client View」は、お客様と共に『課題の本質』をみつめ、進化を続けてまいります。

※詳細は弊社Webサイトにてご確認ください。

<Sky株式会社Webサイト>
リンク


■「SKYSEA Client View Ver.4.1」主な特長
1.USBデバイス管理機能の強化
USBデバイスは手軽に利用できる反面、情報漏えいの危険性が高く、一貫した対策・管理が必要です。「SKYSEA Client View」では、Ver.4.0で初搭載した本機能をさらに強化し、お客様からのご要望により、以下の機能を搭載いたしました。
・ユーザごとのUSBデバイス使用制限設定
・USBデバイス管理台帳の機能強化
・管理機以外のクライアントPCでのUSBデバイス利用認可
・USBデバイスによる不正ファイル持ち込みの禁止
・USBデバイス棚卸し機能の強化
・USBメモリによるログイン認証

2.新たな環境への対応
Windows7/Windows Server 2008 R2やインテル vPro テクノロジーに対応。幅広い環境でのセキュリティ対策をサポート。管理・運用の効率化が図れます。

3.不許可端末遮断ユニット
セグメント内に『不許可端末遮断ユニット』を設置することで、許可されていないクライアントPCがネットワークに接続しようとした場合、自動的に検知し、ネットワークから遮断できます。
従来は、クライアントPC内のソフトウェアによって検知・遮断していたため、1台以上のクライアントPCを起動しておく必要がありました。しかし、『不許可端末遮断ユニット』を設置することで、クライアントPCのON/OFFにかかわらず常時監視が可能になります。
これにより、消費電力を削減し、コスト削減・エコロジーへの取り組みをサポートいたします。

4.その他にもお客様からのご要望が多かった、以下の機能を新たに搭載・改善いたしました。
・Web利用状況を部署別で表示
・端末機の操作ログ追跡
・ログ収集除外ファイル、フォルダ設定の改善
・ログオン・ログオフ時間の表示
・リモート操作中のファイル転送
・マスターサーバ1台あたりの管理端末数の増加
・Microsoft Exchange Server接続の送信メールログ取得
・仮想化環境/シンクライアント環境対応強化


■「SKYSEA Client View」とは
クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」は、情報セキュリティ対策ソフトウェアとして、「使いやすさ」をキーワードに、ログ管理・資産管理をはじめとする以下の各機能をオールインワンで提供し、ご好評いただいております。
・コスト削減
・資産管理
・ログ管理
・セキュリティ管理
・レポート
・メンテナンス
「SKYSEA Client View」は、お客様の情報セキュリティ対策をコスト削減と使いやすさで支援いたします。


■ 販売体制
「SKYSEA Client View Ver.4.1」は、官公庁、自治体、民間企業、団体、学校などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。


■ 動作環境
※詳細は弊社Webサイトにてご確認ください。

<Sky株式会社Webサイト>
リンク


ユーザの方からのお問い合わせ先
インフォメーションダイヤル TEL : 06-4807-6382
受付時間 9:30~17:30
(土・日・祝、ならびに当社の定める休業日を除く平日)
電子メール:info@skyseaclientview.net

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。