logo

男性の8割は女性のネイルに無関心?~「ネイルのおしゃれ」に関する調査結果を発表~

●ネイルに特に気合いを入れるのは「結婚式」 
●男性の約8割は女性のネイルに無関心?
   複雑に手をかけたネイルほど、男性の支持率は下降

インターワイヤード株式会社運営のネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)では、『ネイルのおしゃれに関するアンケート』を2009年4月16日~4月30日にかけて行い、ネイルケアの実施やネイルサロンの利用、女性のネイルに対する好感度などについてまとめました。
DIMSDRIVE登録モニター10,667人から回答を得ています。


調査結果の詳細  リンク



-------------------------------------------------------------
■ネイルカラー、アートをする女性は4割。 しかしネイルサロン利用者は1割未満■

女性に対し、 “爪のおしゃれ”について尋ねたところ、
「マニキュアでのカラーリング」をしている人は39.8%であった。
以下、「爪磨き」35.9%、「甘皮処理」31.8%と続いた。

立体的ネイルアート、スカルプチュア、ジェルネイルなどについては1割に満たず、
マニキュアは塗るものの、それ以上の手を加えている人は少ない事が分かった。

『ネイルカラー・ネイルアートをしている人』は41.4%と、女性の約4割だったが、
それらをネイルサロンで行っていると回答した割合は7.0%となっており、
女性全体でのネイルサロン利用者は1割未満と少ない。

-------------------------------------------------------------
■ネイルサロンを選ぶポイントは「アクセス」「技術」「感じのよいスタッフ」■

ネイルサロン利用者の、ネイルサロン利用頻度は、
「2~3ヶ月に1回以上」が27.6%と最も多く、また、“1回の利用平均金額“については、「(2000円)~4000円未満」が23.3%で最多価格帯となっている。

ネイルサロンを“選ぶポイント”については、
「通いやすい場所にある」67.5%、
「技術がある・上手」59.0%、
「スタッフの感じが良い」54.0%、
「安い」52.6%と続き、
『価格の安さ』よりも『通いやすさ』や『店のスタッフの技術・対応』を重視しているという結果となった。

-------------------------------------------------------------
■ネイルに特に気合いを入れるのは「結婚式」■
ネイルのおしゃれに“特に気合いを入れるシーン”を尋ねたところ、
「結婚式」46.6%が最も多く、半数近くに上った。

次いで「友人・知人と集まる時」32.5%、「パーティー」22.5%と続き、
『改まった華やかな場に行く際』に気合を入れる人が多いようである。

-------------------------------------------------------------
■ネイルをしない30代女性の44.2%は、「育児・家事で出来ない」■
ネイルカラー・ネイルアートをしない人のその理由で最も多かったのは、「面倒だから」46.0%であった。次いで
「家事・育児を行っていて出来ないから」34.5%、
「費用がかかる・高いから」34.2%、
「忙しい・時間がないから」27.5%と続いた。

一番の理由は「面倒」であるが、家事などで「出来ない」という人も多いようだ。

とくに、育児中の人が多いと思われる30代は「家事・育児を行っていて出来ないから」が
他の年代よりも10ポイント以上高く、44.2%と半数近くに上っており、特徴的である。

-------------------------------------------------------------
■男性の約8割は、女性のネイルに無関心? 
       複雑に手をかけたネイルほど、男性の支持率は下降■

<女性のネイルはどれだけ見られている??>
“女性のネイルを意識的に見ているかどうか”を男性に尋ねたところ、
「あまり意識して見ていない」は47.6%、
「全く意識して見ていない/興味がない」は29.9%と、
『意識して見ていない』人が77.5%で8割近くを占めた。

「欠かさずチェックしている」男性は僅か1.4%で、
年代が高くなるほど『意識して見ていない』人は多い。


<複雑に手をかけたネイルほど、男性の支持率は下降>
女性のネイルに対して、「好き」と回答された割合を見ると・・・

【何も塗ってない】は62.1%、
【マニキュアのみ】が49.5%、
【平面的ネイルアート】13.2%、
【立体的ネイルアート】5.6%と少なくなっていき、
女性がより複雑に手をかけるほど男性の支持率は下がる結果となった。


-------------------------------------------------------------
■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2009年4月16日~4月30日
有効回答数 : DIMSDRIVE登録モニター男女 10,667人

■調査項目
【女性に】
・ネイルケア、おしゃれについて(実施率、手法:自身でorサロンで)
・ネイルサロンの利用について(利用頻度、1回の利用金額、サロン選びのポイント)
・好きなネイルについて(好きなネイルアート、ネイルカラー)
・ネイルに気合いが入るシーン
・ネイルのおしゃれをしない理由

【男性に】
・女性のネイルへの意識【男性】(意識して見ているか、女性のネイル好感度)

-------------------------------------------------------------

●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、全国に18万人のモニターを擁し、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定やライフスタイル分析など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。

DIMSDRIVEホームページ リンク


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー3F
<TEL> 03-5463-8255
<ホームページ> リンク
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>ネットマーケティングリサーチサービス「DIMSDRIVE」運営

-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
TEL : 03-5463-8256
Email : timely@dims.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。