logo

急速に成長し続けるモバイルバックホール機器市場

Mobile Backhaul Equipment and Services

カリフォルニア州キャンベル、2009年5月27日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社が年2回刊行する調査レポート「モバイルバックホール機器とサービス」は、モバイルバックホール機器、接続、セルサイト、サービス料金について記載している。この調査レポートが注目しているのは、下記のとおりである。


主席アナリストMichael Howard氏の注目点

帯域幅を多く使う携帯電話アプリケーションの人気によって、モバイルネットワークでのデータ利用による、バックホールネットワークのトラフィックは激増している。AT&Tの幹部社員が今月、AT&Tのモバイルバックホールネットワークの50%は、AT&Tの全ユーザ7800万のうちの数百万しかいないiPhoneユーザによるものだと語った。まもなく、2010年には、モバイルネットワークのデータトラフィックは、音声を上回るだろう。あらゆるキャリアは、このIPデータトラフィックの激増に対応するために、バックホールの帯域幅を拡大しているが、最も効率的でコスト効率のいい方法はTDMからパケットIP/イーサネットへの移行であり、そのためモバイルバックホール機器市場は成長するだろう。


◆調査レポート
モバイルバックホール機器とサービス
Mobile Backhaul Equipment and Services
Biannual Worldwide and Regional Market Size and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 インフォネティクスリサーチ社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。