logo

サービス配信プラットフォームの販売は2013年に倍増

Service Delivery Platform Software and Integration Services

カリフォルニア州キャンベル、2009年6月2日
米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社が年2回刊行する調査レポート「サービス配信プラットフォームソフトウェアと統合サービス」は、固定線とモバイルのサービスデリバリープラットフォームソフトウェアと統合サービスを調査している。この調査レポートが注目しているのは、下記のとおりである。


主任アナリストShira Levine氏の注目点
サービス配信プラットフォーム市場もまた、現在の世界的な不況の影響を免れ得ない。しかし、オペレータは、新しいサービスを作り出し、配信するなかで、その増大するストリームを確実に提供するために、サービス配信プラットフォームは重要な投資と考えている。不況がSDP市場へ与える最大の影響は、短期の集中的な導入が、大規模な複数年のプロジェクトへと置き換わるという、投資方針の変化である。しかしそうだとしても、SDP市場への不況の影響は、他の通信セクタよりも小さい。


◆調査レポート
サービス配信プラットフォームソフトウェアと統合サービス
Service Delivery Platform Software and Integration Services
Biannual Worldwide and Regional Market Share, Size, and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 インフォネティクスリサーチ社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。