logo

固体素子照明(SSL)のLEDの世界市場予測と分析 2008-2013年

LEDs Used in Solid-State Lighting Illumination
Global Market Forecast and Analysis (2008-2013)

カリフォルニア州アッパーレイク、2009年6月19日
光ファイバー通信市場と技術に関する予測やコンサルティングを行う米国の専門調査会社エレクトロニキャスト社は、固体素子照明向けのパッケージドLEDの新市場の予測と世界市場の消費に関する調査レポート「固体素子照明(SSL)のLEDの世界市場予測と分析 2008-2013年」を出版した。いくつかのLEDや消費者レベルの電球のLED照明、SSL照明に使用されるパッケージではない(bear)チップの消費金額予測の概略データも記載している。


この調査によれば、世界の固体素子照明のLEDの消費金額は、2007年の2億8395万から増加して、2008年に3億3779万ドルであった。平均価格は下落するものの、出荷数の増加は著しいことから、2013年には13億ドルにまで成長するだろう。


「アメリカでは、小売店や飲食店の内装におけるLED照明は、今後5年間で15倍に増加するだろう。グリーンテクノロジー関連の技術改革や統合の促進や、より高度な照明設計や美観や効果といった問題は、照明分野では大きな力とはなっていない。LED産業が、消費者が最初に感じる定価の高さという課題を乗り越えるためには、強力なメッセージ性のある戦略的な市場ブランドが必要となるだろう」と、エレクトロニキャスト社のLED調査主任のStephen Montgomery氏は語る。


◆調査レポート
固体素子照明(SSL)のLEDの世界市場予測と分析 2008-2013年
LEDs Used in Solid-State Lighting Illumination
Global Market Forecast and Analysis (2008-2013)
リンク


◆米国市場調査会社 エレクトロニキャスト社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。