logo

無線インフラ支出への景気低迷の影響:楽観的、悲観的、中間のシナリオ

The Impact of the Economic Crisis on Wireless Infrastructure Spending
Optimistic, Moderate, and Pessimistic Scenarios

2009年の景気低迷は、世界経済のあらゆる分野に及び、無線インフラ支出もその影響を免れない。世界中のオペレータは、設備投資を見直し、支出分野に優先順位をつけ始めた。今やオペレータは難しい立場にある。進化したサービスの需要に応えるため、ネットワークインフラをアップデートして競争力を維持すると同時に、支出をコントロールしなければならないのだ。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「無線インフラ支出への景気低迷の影響」は、各地域の今後の見通しを予測している。設備投資支出を細かく分けて、2014年までの、景気低迷が無線インフラ投資に与える影響を示している。


◆調査レポート
無線インフラ支出への景気低迷の影響:楽観的、悲観的、中間のシナリオ
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。