logo

第31回価格.comリサーチ「薄型テレビアンケート!-最新購入状況-」調査結果

------------------------------
低価格化、大型化が進む液晶テレビ、
購入平均価格9万円以下が約3割、主流は32インチから40インチ超へ
-エコポイント効果も後押し、2011年までに9割以上に普及見込み-
リンク
------------------------------



株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com(リンク)」が
実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、
第31回調査『薄型テレビアンケート! -最新購入状況-』から、結果を一部抜粋の上、
ご案内します。
2011年の地上アナログ放送の終了まであと2年に迫った現在、実際に液晶テレビや
プラズマテレビなどのいわゆる「薄型テレビ」はどの程度普及しているのかを、
保有サイズや今後の購入意向などとあわせて調査を行いました。
一部結果は、過去に実施した薄型テレビに関する調査結果と比較もしています。

【調査方法・ユーザーパネルについて】
調査エリア:全国 調査対象:価格.comID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:9,470人
男女比率:男89.3%:女10.7%
調査期間:2009/6/16(火)-2009/6/22(月)


【調査結果ダイジェスト】
◆7割近くが薄型テレビを所有

◆液晶の大型化が着実に進行
 画面サイズの主流は32インチ。42インチもシェアを伸ばす。

◆購入時期から見る画面サイズ、
 エコポイント制度の前後で、37インチと50インチが逆転

◆薄型テレビの販売価格は下落の一途
 平均購入金額、2004年以前の234,002円から2009年は145,713円、4割近く減少
 2009年では、購入金額9万円未満が約3割も

◆主流は完全に液晶テレビ

◆薄型テレビの購入金額、平均予算は147,355円。
 6万円-35万円の全レンジでほぼ均等に分布

◆エコポイント制度実施後、
 薄型テレビ購入者の約8割がエコポイントを考慮

◆2011年の薄型テレビの普及率は9割を超える!?
薄型テレビを所持しない人の8割が、2011年地上波アナログ放送終了までに購入予定

今回の調査結果から、薄型テレビ、特に液晶テレビへの人気・購入意欲はいまだに
高い水準にあることがわかりました。
42インチを超える大型サイズの商品が、手ごろな価格で買えるようになってきたこと
に加え、5月15日購入分より還元されるエコポイントの影響もあって、42インチクラスの
大型サイズの商品が好まれる傾向が出ています。
今後も主流となるのは「40-42インチの液晶テレビ」となることが予想され、
これまで主流だった32インチの液晶テレビからの、サイズシフトが加速していきそう
な勢いです。

過去のリサーチ結果アーカイブは以下URLより
ご確認いただけます。
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。