logo

ホテル・旅館の客室販売価格決定をサポートするレベニューマネジメント支援システムPriceChecker(プライスチェッカー)販売開始

株式会社パラダイムシフト(代表取締役社長CEO:百田 浩志/本社所在地:東京都中央区 以下当社)は、ホテル・旅館向けのレベニューマネジメント支援システムPriceChecker(リンク)の7月10日の正式サービスインに先駆け、事前受付を7月2日より開始しました。

ホテル・旅館などの宿泊施設は、インターネットでの客室販売の高まりに伴い、複数のインターネットサイト上の客室料金改定、競合他社との料金比較の為に従業員を配置し、多くの労力と費用をかけているという課題に注目いたしました。この課題を解決するために、PriceCheckerは宿泊予約販売サイト15サイトを日々クロールして、宿泊・料金プランをタイムリーに収集・比較を行えるようにしました。



PriceCheckerは、対象15サイトに掲載されている自社の販売額と競合他社の販売価格の動向のチェックが可能です。1基本契約で自社ホテルと自社が比較したい競合3ホテルの合計4ホテルの契約となります。

自社の専用画面で一覧表示できるだけなく、サイト毎の最低価格・価格帯・プラン一覧の表示、またホテル毎での最低価格・価格帯・プラン一覧表示が行えます。さらに、最低価格・価格帯はグラフで表示され、一目でわかりやすく比較出来るため、市場価格に合った最適な価格で販売することができ、収益の最大化(レベニューマネジメント)を図る上で有益な意志決定ツールとなっています。

料金は1契約につき、自ホテル・旅館1つと競合他社3施設、計4施設の料金比較が行え、社内の利用者数無制限で、年間16万3,800円(ひと月あたり1万3,650円、いずれも税込)という料金で提供します。
競合他社の追加は年間1万8,900円(ひと月あたり1,575円、いずれも税込)となります。

今後、PriceCheckerは、クロール(チェック)対象サイトの追加依頼などに迅速に応え、ユーザビリティの改良を加え展開していく予定です。

PriceCheckerは、サービス開始後3年で5,000を超えるホテル・宿泊施設の方の利用を見込んでいます。


■PriceChecker 概要:
・サイト名 : 「PriceChecker (プライスチェッカー)」
・URL :  リンク
・事前受付開始日:2009年7月2日(木)
・正式サービス開始日 : 2009年7月10日(金)

・予定クロールサイト名(敬称省略):
一休、じゃらん、楽天トラベル、yahooトラベル、阪急交通社、トラベルコちゃん、ベストリザーブ、ゆこゆこ、オズモール、宿プラザ、ぐるなび、トクー、JTB、タビータ、KNT(近畿日本ツーリスト)など15サイト 
*リクエストにより、サイト追加のチューンナップ可能。

・料金: 1契約  (自社1ホテル+競合3ホテル) 年間¥163,800/ 月¥13,650 (税込)
※自社系列グループ宿泊施設は基本契約での競合3ホテルへの組入れは不可。
※競合他社追加契約は、1ホテルごと 年間¥18,900 /月 ¥1,575 (税込)

・利用者数制限なし(ログイン無制限利用可能)
・無料お試し期間 : 1週間

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]