logo

パイプドビッツ、スパイラル(R)に「リレーショナルデータベース」機能を搭載~複数DBをつないで、顧客情報を美しく一元管理~

株式会社パイプドビッツは、情報資産管理ASP/SaaSスパイラル(R)に、複数のデータベースに分散する同一の顧客情報を連携させることで、顧客情報を美しく管理できる「リレーショナルデータベース」機能を搭載いたします。
情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル(R)」を提供する株式会社パイプドビッツ(代表取締役社長:佐谷宣昭 本社:東京都港区元赤坂)(リンク)は、スパイラル(R)に「リレーショナルデータベース」機能を搭載いたします。
マーケティング担当者様は、本機能を利用してDB同士をつなぐことで、今まで分散していた顧客情報が自動的に紐づき、「セミナー参加者の中に、以前資料を請求した人がいること」などを把握することができます。
さらに、必要に応じて複数のDBを連携できるため、顧客DBや資料請求DB、セミナーDBなどの顧客情報を関連付けて、データを美しく管理いただけます。
■ 背景
従来のスパイラル(R)では、各DBの情報が個別のものとして存在していたため、複数DBに同一の顧客情報があるか確認する際、DBごとに顧客情報を検索する必要がありました。
今回、「資料請求DBとセミナーDBを個別に管理しているが、資料請求者とセミナー参加者を紐づけて、見込みの高い顧客を抽出したい」 「1つのDBで管理していると、項目数が増えて運用しにくい。用途ごとにDBを分けて綺麗に管理したい」との声にお応えし、スパイラル(R)に「リレーショナルデータベース」機能を搭載いたします。
■ 概要
マーケティング担当者様が、スパイラル(R)の管理画面上から簡単設定でDBをつなぐことで、複数DBに分散する同一の顧客情報が自動的に紐づき、顧客情報を美しく管理できる機能です。
■ 特徴
(1)2ステップで連携が完了
スパイラル(R)の管理画面上から、つなぎたいDBと連携方法を選択するだけの2ステップでDBを連携できます。
(2)2通りの連携方法
DBの連携方法は、「直接連携」と「間接連携」の2通りをご用意いたしました。◇直接連携・・・複数DBに分散した同一の顧客情報を、直接紐づけるものです。登録・変更・削除の情報は、連携したDBに全て反映されます。◇間接連携・・・複数DBに分散した同一の顧客情報を、ルックアップキー(ID)によって紐づけるものです。顧客情報を直接紐づけないため、登録・変更・削除の情報を残すことができます。過去の履歴管理などに有効です。
(3)ルックアップ機能で自動的に紐づけ
ルックアップ(検索)機能により、DBを連携すると、同一の顧客情報が自動的に紐づきます。
(4)複数DBの連携が可能
スパイラル(R)では、20個までDBを発行できますが、その中でいくつでも組み合わせ自在に連携することが可能です。DB連携による追加料金は発生しません。
■ 開始日
2009年7月1日(水)
■ 利用料金
「スパイラル(R)」をご利用のお客様は、サービスの範囲内でご利用いただけます。
▼「リレーショナルデータベース」についての詳細は、以下のサイトをご覧ください。
リンク
■ 「スパイラル(R)」とは
「スパイラル(R)」は、販促やIRにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、企業が保有する様々な種類の重要情報資産を、データベース化して安全に管理するためのプラットフォームをインターネット経由(ASP/SaaS形式)で提供しています。
さらに、登録ページ作成、サンキューメール配信、アンケート集計、クリックカウントレポート、登録締め切りなど300以上の柔軟で豊富な機能により、情報資産を有効活用するためのソフトウェアサービスとしてもご利用いただけます。
2009年2月末現在、官公庁、金融、サービス、教育機関など、業種・業態を問わず1,362のお客様にご利用いただいております。
当社は今後もより一層同サービスの提供に注力し、データベースの銀行として、皆様の様々な情報資産管理を支援してまいります。
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社パイプドビッツ
広報部 担当:青木、三枝
TEL:03-5771-6931
受付時間:平日10:00~18:00(年末年始を除く)
【企業情報】
株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
リンク   2000年4月3日
資本金  186,791千円
本社   東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者  代表取締役兼CEO 佐谷 宣昭(さたに のぶあき)
事業内容 アプリケーション・サービス事業
業績   1,034,899千円(2009年2月期)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。