logo

SAS Institute Japan、大規模かつ組織的な分析・予測を支援

SAS Institute Japan、大規模かつ組織的な分析・予測を支援
-マーケティングやリスク管理に不可欠な分析・予測モデルの運用管理を効率化するSAS(R) Model Managerを提供開始-



SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は、企業における組織的分析・予測モデルの管理ソフトウェア、「SAS(R) Model Manager (モデル・マネージャー)」を本日より提供開始すると発表しました。

分析・予測モデル(以下:モデル)は、金融業における与信管理や、流通業、通信業における大規模なコンシューマー・マーケティングなど、定量的な予測を伴う業務で利用されています。収益性に直結する貸し倒れ率やマーケティング投資の回収率に影響するため、モデルには高い精度が求められます。また、市場や顧客の環境変化に応じるためには、モデルの定期的な検証と修正が必須となります。しかし、モデルの運用管理には専門的な知識が必要とされ、また、従来の分析ツールは個人利用を主眼としていたため、大規模かつ組織的なモデルの運用管理の実現や、モデルの精度を維持することが企業の課題となっていました。SAS Model Managerは、個々のモデルを一元的に管理し、最も精度の高いモデルを容易に選択、運用できる管理環境を実現します。

SAS Model Managerは、モデルの作成、管理、配置(デプロイ)のプロセスを効率化し、モデルの正確さと有用性を絶えず検証することを可能にします。SAS Model Managerを導入することにより、モデルの管理者は複数のモデルから最良のモデルを選び安全に配置することでビジネスリスクを低減できます。モデルを作成するパワーユーザーだけでなく、一般ユーザーでも容易にモデルを管理し、分析を行うことが可能となり、企業全体の情報活用力の向上に寄与します。また、モデル管理者に対して、モデル構築の進捗状況や責任範囲などの情報を視覚化して提供することができます。

モデルの構築は、SASのデータ・マイニングツールである「SAS(R) Enterprise Miner(TM)」と「SAS(R) Enterprise Guide(R)」が支援します。使いやすいGUIにより、ビジネス・アナリストや統計スペシャリストが短時間に多くのモデルを構築することを可能にします。構築したモデルは、データ統合プラットフォーム「SAS(R) Data Integration Server」や、リアルタイム意思決定支援ソリューション「SAS(R) Real-Time Decision Manager」により、業務システムに組み込むことができます。

SAS Model Managerの特徴
・SAS Enterprise Minerで作成したモデルやSAS Enterprise Guideの統計ライブラリを利用して作成したモデルなど、異なるツールで作られたモデルを登録し、チャートを使って比較し、最適なモデルを選択することができます。
・個々のモデルを一元的に管理します。登録されたモデルを正確かつ安全に配置することができます。
・業務システムに配置されたモデルの精度を、リフト・チャートやROCチャートなどを使って時系列にモニタリングすることができます。

日本での提供開始
2009年6月24日

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においては最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の45,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク
*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。