logo

導電膜のナノ素材のビジネスチャンス

国の調査会社ナノマーケット社は出版レポート「導電膜市場調査:概況、技術、将来予測 - Conductive Coatings Markets, 2009 and Beyond」のプレスリリースにおいて、ナノ素材に用いられる導電膜の販売額は、2016年に6億2500万ドル以上に達するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国の調査会社ナノマーケット社の調査レポート「導電膜市場調査:概況、技術、将来予測 - Conductive Coatings Markets, 2009 and Beyond」は、導電膜の市場は、現在のナノマテリアルの分野で最も急速に成長していると報告している。ナノマーケット社は、ナノ素材に用いられる導電膜の販売額は、2016年に6億2500万ドル以上に達するだろうと予測している。

この急速な成長の理由は2つある。まず、ナノマテリアルは本来優れた伝導率を提供し、同等な非ナノのものよりも優れている。例えば、金属ナノ粒子は、より大きな表面積であるため、簡単な金属紛よりも体積比での伝導性が高い。この他にも、カーボンナノチューブが好例である。追加伝導率(additional conductivity)は、ナノストラクチャの物理的特性によるものである。これは、伝導膜の開発においてきわめて新しい出来事である。従来は、例えば、合金や伝導ポリマーに、産業向けの標準的な金属コーティングを施したことによる偏差が、伝導性を損なったのであるが、コスト的な要因や環境適合性などによっても、また廃棄の簡易性などの物理的特性として二次的な理由においても新しい特性を有している。

【調査レポート】
導電膜市場調査:概況、技術、将来予測
Conductive Coatings Markets, 2009 and Beyond
リンク

【ナノマーケット社 (Nano Markets)社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事