logo

モバイル広告収益は、スマートフォン、データプラン、新しいアプリケーションによって2013年に15億ドルに成長

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は出版レポート「携帯電話向け広告市場調査:市場概況、分析、予測 - Mobile Advertising: Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、米国のスマートフォンユーザーは、2008年の6200万から2013年には2億3900万に達し、米国の3Gネットワークデータプランは2013年には普及率95%、カナダは70%となるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
米国とカナダのモバイルによる広告収益は、2009年の2億800万ドルから、2013年には約15億ドルまで伸びるだろうと米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「携帯電話向け広告市場調査:市場概況、分析、予測 - Mobile Advertising: Analysis and Forecasts」は報告している。スマートフォンの採用、3Gネットワークのデータプランや新しい無線サービス、ダウンロードできるアプリケーションが、モバイル広告の収益を促進し、2010年からは大幅な成長が始まるだろう。

パークスアソシエイツ社は、米国のスマートフォンユーザーは、2008年の6200万から2013年には2億3900万に達し、米国の3Gネットワークデータプランは2013年には普及率95%、カナダは70%となるだろうと予測している。

「モ バイル広告は、3Gネットワークやスマートフォン等のデバイスの増加で生まれるビジネスチャンスにおいて、有利な位置についている。広告主は、携帯電話な どが実際の広告市場で使えるメディアとして成熟すれば、モバイル広告をキャンペーンに組み入れ始めるだろう」と、調査アナリストのHeather Way氏は語る。

しかし、広告主は、最初は消費者の抵抗感に遭遇するだろう。この調査レポートは、モバイル広告を受け取りたくないとした回答者が38%にものぼり、中立が37%だったと報告している。

「しかし、10代とヤングアダルトでは、広告支援のモバイルコンテンツ、特にエンターテインメント分野のコンテンツを受け取ることに、抵抗感は少ない。広告主は、消費者へ到達する方法を改革しなければならないだろう」と同氏は語る。

調査レポート「携帯電話向け広告市場調査:市場概況、分析、予測 - Mobile Advertising: Analysis and Forecasts」は、モバイル広告市場の現状を調査している。市場概観、効果的なモバイル広告のフォーマットの分析、現在の価格モデルや、市場全体の成長を促進するビジネスチャンスと、市場拡大を脅かす市場阻害要因、2013年までのモバイル広告収益予測も記載している。

【調査レポート】
携帯電話向け広告市場調査:市場概況、分析、予測
Mobile Advertising: Analysis and Forecasts
リンク

【パークスアソシエイツ (Parks Associates)社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Mobile Advertising Revenue - US & Canada 2008-2013

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。