logo

投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」不動産投資に関する意識調査を実施

野村不動産アーバンネット株式会社 2009年06月23日 14時59分
From PR TIMES

-不動産投資家の約9割が今のマーケットを「買い時」と回答-


野村不動産アーバンネット株式会社(本社所在地:東京都新宿区 代表者:取締役社長 北村 章)は、2009年5月13日(水)-6月3日(水)、投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」(リンク)の会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査」を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

本アンケート結果につきましては、投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」でもご覧いただけます。
リンク

【調査概要】
調査時期 :2009年5月13日(水)-6月3日(水)
調査対象 :投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」会員(会員数 約16,500人 ※2009/4/1時点)
有効回答数:761人(投資物件の保有者:401人、非保有者:360人)
調査方法 :インターネット上でのアンケート回答

【調査結果のポイント】

■約9割の投資家が今のマーケットを「買い時」と回答
・投資物件は「今が買い時」が51.8%、「間もなく買い時が来る」が38.0%と、合わせて約9割の投資家が現在のマーケットを「買い時」と回答。

■投資物件「保有者」の半数以上がサラリーマン。自己資金2割以下での購入が約半数
・投資物件「保有者」の半数がサラリーマン。平均年齢46.2歳、年収は1,000万円以上が50%。
・保有している物件は、区分マンション55.9%、アパート36.2%、一棟マンション30.7%、ビル13.7%(複数回答)。
・総投資額は、「3000万円未満」が約25%、「1億円以上」が約40%。
・物件購入時の資金プランは、「自己資金3割以下」が66.8%。逆に、「全額キャッシュ」は18.5%。
・管理方法は、「管理会社に委託」が約7割(内、家賃保証ありが15%)、一方で自主管理が約3割。
・不安点では、「空室リスク」が最多の29%、続いて「老朽化(メンテナンス・建替え・売却)」23%、「賃料下落」13%。

■これからの購入したい物件では、「都心回帰」「立地重視」の傾向
・購入したい物件は、「一棟マンション」が最多の54.0%、続いて「アパート」47.7%、「区分マンション」42.0%(複数回答)。
・購入したい物件予算「1000万円以上-3000万円未満」28.6%、「5000万円以上-1億円未満」が30.0%と最多。
・希望エリアは、「東京都心5区」で46.1%、「東京その他23区」で55.3%、「横浜・川崎エリア」で35.5%と都心回帰の傾向。
・購入時に重視するポイントとしては、「エリア・立地」82.0%、「利回り」59.5%。

■不動産投資を始めた理由は、「安定した副収入(不労所得)が欲しいから」が大多数
・「安定した副収入(不労所得)が欲しいから」74.8%、「資産運用のため」49.8%、「私設年金として(老後のため)」34.6%。


投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」では、今回の調査結果を参考に、不動産投資家のニーズに応えたコンテンツを充実させ、更なるサービス向上を目指してまいります。


【野村不動産アーバンネット株式会社の概要】
所 在 地: 東京都新宿区西新宿1-26-2
代 表 者: 北村 章
設立年月: 2000年11月(2001年4月営業開始)
資 本 金: 10億円(野村不動産ホールディングス株式会社100%出資)
事業内容: 不動産仲介(個人・法人)、新築不動産販売、投資商品開発、資産コンサルティング、保険代理店
U R L: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。