logo

日立システムが「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の「ブラックイルミネーション2009」、「七夕ライトダウン」の両イベントに参加

株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:林雅博/以下、日立システム)は、環境省が2003年より実施している、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減取組みの一環として、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に下記の通り参加します。

 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」は、一年間で最も夜の短い夏至の日にライトアップ施設や家庭の灯りの消灯を実施する環境省主導のイベントで、国民一人ひとりが日常生活の中で電気を消すことで、地球温暖化問題について考えてもらうことを目的に実施されています。本年は夏至の日(6月21日)の夜を「ブラックイルミネーション2009」、7月7日(火)の夜を「七夕ライトダウン」と題して、20時から22時までの2時間、電気を一斉に消灯することを環境省は全国に広く呼びかけています。

  日立システムは、この呼びかけに応じて、同日に照明の一斉消灯を下記の通り実施いたします。
 また、日立システムは、日立グループ「環境ビジョン2025」“2025年までに年間1億トンのCO2排出の抑制”のため、環境配慮ソリューションの提供をはじめとする事業活動全体でCO2削減のための取組みを推進しています。さらに、環境省主導の国民運動「チーム・マイナス6%」にも参画し、クールビス推進、昼休み・定時の空調断・消灯などを開催するなど、全社員による活動を実施しています。今後も、省エネルギー活動を推進し、CO2排出量の削減に貢献していきます。

■日立システムの実施内容
・日時:(1)『ブラックイルミネーション2009』 6月21日(日) 20:00~22:00
     (2)『七夕ライトダウン』         7月 7日(火) 20:00~22:00

・内容:日立システム看板広告の照明の一斉消灯

・場所:(1)JR東日本 品川駅構内 掲出看板の照明
     (2)JR東日本およびJR東海 品川駅自由通路 掲出看板(3箇所)の照明

*尚、日立システムでは、対象日を時短推進の観点から休日出勤ゼロや定時退勤の推奨日とし、JR品川イーストビル、日立大森ビル、名古屋ルーセントタワー、関西パークスタワーの各オフィス内消灯も促進致します。

■キャンペーンの詳細
 ・ 環境省「クールアース・デー2009」の特設サイト:URL: リンク

■本キャンペーンに関するお問い合わせ先
株式会社日立システムアンドサービス
環境管理センタ 中田(なかだ)
TEL : 03-6718-5723
E-mail : kankyo@hitachi-system.co.jp

■報道機関のお問い合わせ先
株式会社日立システムアンドサービス
法務・広報部 広報グループ 廣納(ひろのう)
TEL : 03-6718-5750
E-mail : press@hitachi-system.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事