logo

東大産学連携のリッテルが、超高速処理、劇的コストダウンのHaddop構築支援を開始

株式会社リッテル 2009年06月22日 09時00分
From DreamNews

テキストマイニングなどの自然言語処理技術、ITシステムベンチャーの株式会社リッテル(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:池田 孝高、03-6240-0732、リンク)は、大量データ分散高速処理システムHadoopを国内企業に導入支援するサービスを始めた。
リッテルでは、すでに数社のクライアントに導入し効果的コストダウンが実現したことを受けサービス支援パックとして販売する。

今回発表する『Haddop構築支援サービス』は、次の通りである。

■ 新商品や新サービスなどの特徴・詳細
Hadoopとは、Googleの基本設計をもとに開発されたシステムで、すでに、Yahoo、NYタイムズ、フェイスブックら大手からベンチャー企業までの米国企業等が導入している。 安価なサーバーを複数用いて大量データを同時分散並行処理することにより、安全に高速処理がされる。
池田社長によると「特に日々増大するアクセスログ解析やウェブクロール、POSなど膨大なデータに特に有効だ」 近年巨大化する企業のデータを処理する画期的手法であり、高額サーバーを使ってスケールアップしても長時間かかる問題を解決できる。
東京大学情報基盤センターの清田陽司助教によると、 「Hadoopは、欧米では今わかっているだけで70を超える企業や大学で導入され、ますます増え続けている。膨大なデータをコストダウンしつつ、解析していく現在最も有効な手段である。」という。
URL:リンク

【株式会社リッテルについて】
株式会社リッテルは「情報リテラシー(Literacy)」「情報技術(Technology)」「自然言語処理(Language)」を軸とした事業展開を行っている企業です。 東京大学(中川研究室)との産学連携で設立しており、同研究室で研究されてきた自然言語処理に関する技術を事業化しています。 今年4月からは、さらなる研究・開発を進めていくべく、東京大学内の「アントレプレナープラザ」へ所在地を移動しております。
所在地: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ405
創立 : 2007年(平成19年)4月2日
資本金: 8,610万円
代表者: 代表取締役社長 池田 孝高
URL  : リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:代表取締役 池田孝高
TEL:03-6240-0732
FAX:03-6240-0733
E-mail:info@littel.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。