logo

仮想化ソリューション、VMwareのためのバックアップ製品「Veeam Backup & Replication for VMware」の発売開始

株式会社クライム(東京都中央区)は米国ソフトウェア会社Veeam Software(オハイオ州コロンバス市)と販売契約を結び、仮想化ソリューションのVMwareに対応するバックアップ製品「Veeam Backup & Replication 」を2009年6月23日、本日より発売することを発表しました。

■主な「Veeam Backup & Replication」機能

2-in-1:バックアップとレプリケーション機能を1セットに
完全なESXサポート
WindowsとLinuxのファイル・レベル・リカバリ

Veeam Backup & ReplicationはVMware ESX serverに対応するバックアップとレプリケーションを組み合わせたエンタープライズ・レベルでのシングル・ソリューションです。Veeam Backup & ReplicationはVMwareに対する高速リカバリが非常に簡単に行えます。

バーチャライゼーションはミッション・クリティカルなワークロードが増えるに従い、バーチャル・インフラに対応するコストパフォーマンスのよい、高速なリカバリが必要になります。Veeam Backup & Replicationはバックアップとリカバリを1つのインターフェイスで提供します。

2-in-1:バックアップとレプリケーション:
Veeam Backup & Replicationは企業をハードウェアとソフトウェア障害の両方からバーチャル・マシンを保護するためのバックアップとレプリケーションの2つを統合したソリューションを提供します。両方のバックアップ・テクノロジーはオプションとしてVMware Consolidated Backup (VCB)フレームワークを使用することができ、ESXサーバの負荷を削減でき、高速バックアップを可能とします。各バーチャル・マシンに最適なオプションを選択し、すべてをVeeam Backup & Replicationで管理可能です。

VCBに依存しないフルESXサポート:
VCBが無いケースでもESXバックアップをサポートします。Veeam Backup & ReplicationはVCBの必要が無くESX上のバーチャル・マシンのバックアップとリストアが可能なVMwareバックアップ・ソリューションです。

WindowsとLinuxのファイル・レベル・リカバリ:
Veeamの高速ファイル・レベル・リカバリ機能を使用することによりユーザのイメージ・レベル・バックアップから個々のファイルをリストアが可能で、フルのVMイメージを抽出する必要が無く、ユーザのローカルなドライブに瞬時に複製できます。また個別のファイルを最新状態で指定した場所・時間で抽出できます。この機能によりユーザはファイル・レベルとイメージ・レベルの両方のリカバリを準備するためにデータを2度バックアップする必要性はなくなります。Veeamのファイル・レベル・リカバリはWindows, Linux, BSD, Mac等のOSとのファイルシステムをサポートします。

システム・リクアイアメント
VMware vSphere 4: ESX 4.0; vCenter 4.0 (optional); VMware
Consolidated Backup 1.5 Update 1 (optional).
VMware Infrastructure 3: ESX 3.x; VirtualCenter 2.x (optional);
VMware Consolidated Backup version compatible with your ESX
Server version (optional).
OS: Windows XP, Windows 2003, Windows Vista, Windows 2008.
Both 32-bit and 64-bit OS editions supported.
ハードウェア: Processor: Pentium IV CPU 以上
Memory: 512MB RAM. Disk Space: 100 MB.
Network: 100 Mbit/sec or faster preferred.


■価格:オープン

■ 販売予定
今後の販売目標は2009年度で200セットを予定しています。

このプレスリリースの付帯情報

Veeam Backup

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。