logo

東芝とケータイ絵文字キャラクター『ラブハピ』がコラボレーション。

株式会社トリワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田武史)のオリジナル
キャラクター『ラブハピ』と、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長
:西田厚聰)から発売されたau向け携帯電話「biblio」「T002」とのコラボレー
ションが実現いたしました。

『ラブハピ』はケータイに標準装備された絵文字から生まれたオリジナルキャラク
ターです。今回東芝から発売される両機種に、『ラブハピ』初のデコレーション
アニメやケータイアレンジ、待受Flash、壁紙、各種デコレーションメール素材等が
プリインストールされており、ご購入者は、「biblio」「T002」限定のコンテンツを
お楽しみいただけます。


【コラボレーションの背景】
携帯電話の買い控え傾向が強まる中でも、デコレーションメールの市場規模は
対前年比211%の116億円※で市場は拡大しております。
実際、携帯電話を買い替える際に消費者が重視する機能に「デコレーションメール」
が上位にランクされています。今後ますますデコレーションメールの利用度が増加
することがうかがえます。そこで、今回のコラボレーションが実現いたしました。

『ラブハピ』は、メール絵文字でおなじみのキャラクターです。2009夏モデルの中で
も注目度の高い東芝の「biblio」「T002」をご購入いただいた方は、モバイルサイト
でダウンロードすることなく、オリジナルの待受Flashやデコレーション素材を入手
することが可能です。手軽にオリジナリティ溢れるコンテンツをお楽しみいただけます。
※一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム調べ


『ラブハピ』 概要
ケータイ絵文字は、 言葉では伝えきれない気持ちをあらわすコミュニケーション
ツールとして、今や欠かせない存在になっています。

当社では、そんな“気持ちの表現者”に命を吹き込み、ケータイ絵文字キャラクター
として『ラブハピ』を誕生させました。絵本やCD、コスメ、携帯端末など幅広い
分野でライセンスを提供しております。

絵文字を用いたコミュニケーション手法は、「マンガ」「アニメ」に次ぐ日本発の
文化として海外からも大きな注目を浴びております。当社は国内にとどまらず、
海外進出を視野に米国でエンターテイメント事業を展開する会社
Fire Factory Entertainment, LLCと業務を提携。世界各国の文化に合わせながら、
日本のEmoji文化を普及してまいります。

※詳細についてはこちらをご覧ください。
リンク



【トリワークスについて】
今では、普通になっているキャリアを越えた絵文字でのメールのやり取り。
実は、このサービスを初めて開発したのが当社です。2002年に、キャリアに関係なく
自由に絵文字を送信できるサービスを提供。以来、日本の絵文字文化の先駆者として
絵文字にかかわるモバイルビジネスやキャラクタービジネスを多数展開してまいりました。

◎会社概要
社名:株式会社 トリワークス (英名:TriWorks Corp. JAPAN)
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目12番24号 東建・長井ビル3F
事業内容:モバイルコンテツ、システムの企画・開発
ケータイ絵文字キャラクター『ラブハピ』のライセンス提供 他

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事