logo

【レポート販売】「2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査」

~拡大する電子マネー市場の現状と課題、2013 年までの普及予測~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 )は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田 佳夫 東京都台東区)が提供する「2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成21年6月18日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クロス・マーケティング、

「2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査」を販売開始

~拡大する電子マネー市場の現状と課題、2013 年までの普及予測~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 )は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田 佳夫 東京都台東区)が提供する「2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査」の販売を開始しました。

詳細URL: リンク


■■ 資料概要 ■■

◇主要電子マネーの発行枚数、月間利用件数、加盟店数(端末数)
Edy、Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa、nanaco、WAON、Pidel、QUICPay、Visa Touch、Smartplus、iD、他

◇交通系非接触IC カードの発行枚数、普及エリア、相互利用状況

◇電子マネー発行事業者の動向と今後のビジネス展開

◇加盟店の電子マネー導入状況と利用率

◇業界別小額決済市場の動向と電子マネー普及の可能性
コンビニエンスストア、スーパー、自動販売機、ファストフード、ドラッグストア、他

◇おサイフケータイ対応端末の普及状況と会員数の推移

◇電子マネーをめぐる法整備の動向

◇2013 年度までの市場規模予測(~2013 年度)
今後の電子マネー市場の成長は?!市場のポテンシャルと普及シナリオ

2007 年の春に、首都圏私鉄・バス事業者の「PASMO」や、大手流通グループのセブン&アイとイオンから「nanaco」や「WAON」といった新たな電子マネーブランドが相次いで登場し、2007 年は「電子マネー元年」、「電子マネー激戦の年」と言われました。
その後約2 年間で、各電子マネーの利用エリアは順調に拡大し、利用者数も増加しています。本調査レポートは、電子マネー発行事業者と加盟店の両方をヒアリング取材し、拡大する電子マネー市場の現状と課題、および2013 年までの普及予測を行うものです。


■■ 商品詳細 ■■

【調査方法】
ヒアリング調査、公表資料の収集・整理

【調査期間】
2008年11月~2009年3月

【調査項目】
I.総括

1.電子マネーの市場規模予測
2.業態別電子マネーの普及状況
3.電子マネー関連事業者
4.電子マネー普及の課題と将来展望
5.ヒアリング取材のまとめ

II.電子マネー市場動向
1.電子マネーのビジネスモデル
2.国内の主要電子マネー別普及状況
3.交通系非接触IC カードの普及状況

III.業態別電子マネー普及状況

IV.貨幣流通状況と個人消費支出

V.法整備動向

VI.取材個票
1.電子マネー発行事業者
ビットワレット
東京急行電鉄
アイワイ・カード・サービス
ビザ・ワールド・ワイドジャパン
三菱UFJ ニコス
エヌ・ティ・ティ・ドコモ

2.加盟店
サークルK サンクス
エーエム・ピーエム・ジャパン・ミニストップ
エム・ピー・ソリューション
大手書店
ビーアンドブィ
中央無線タクシー
新日本石油
パーク24
ライトオン
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ


■■ 資料概要 ■■

資 料 名:2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査
発 刊 日:2009年4月27日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4版188ページ
頒   価:■印刷版 99,750円(税抜95,000円、消費税4,750円)
別途送料500円
     
 詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事