logo

2009年はブルーレイプレーヤーの普及元年に -価格.comTrend News-

低価格プレーヤーの出現が、ブルーレイの本格普及を加速
2009年はブルーレイプレーヤーの普及元年に
リンク

月間約1800万人が利用する購買支援サイト『価格.com』に蓄積される、
アクセスデータや価格情報などを集計・分析した、レポートサイト
『Trend News(リンク)』より、
価格.comトレンドニュースとして、不定期でお届けします。

今回は、昨年度からのDVDプレーヤーとブルーレイプレーヤーへの
アクセス動向を見ながら、今後について、レポートします。



総論:2009年はブルーレイプレーヤーの普及元年となる

ブルーレイ自体はそれほど新しいものではないのに、ブルーレイプレーヤーの普及が
ここまで遅れた最大の原因は、プレーヤー製品のラインアップが少なかったことにある。   

実際昨年2008年の年末までは、なぜかブルーレイプレーヤーは軒並み8万円以上のもの
ばかりで、5万円以下で購入できるブルーレイプレーヤーは、一部海外メーカー製を除いては
ソニーのゲーム機「PS3」をおいてほかにはないという状態だったのだ。

そのいっぽうでブルーレイレコーダー製品は徐々に値下がりを続けており、安いものでは
6万円程度で購入可能となってきていた。
つまり、レコーダー製品とプレーヤー製品の価格逆転現象とでもいうべき状況が起こっていた
といえる。

こうした状況で、上記のような大手メーカーが、低価格プレーヤーを発売するのは
もはや時間の問題と思われていたが、昨年末、ソニーが口火を切る形で低価格プレーヤーを
発売し、パナソニック、パイオニアの2社もこれに追随する形で市場に製品を投入した。
このこと自体は、消費者にとって喜ばしいニュースであったはずだ。
販売用のブルーレイビデオのタイトルもかなり数が増えてきており、最近ではDVD/ブルーレイ
の同時発売や、ブルーレイのみの先行発売といった状況も出てきている。

こうした低価格プレーヤーの出現と、ブルーレイタイトルの増加によって、今年の夏から
年末にかけては、DVDに代わりブルーレイが家庭内に大きく普及していくことが予想される。

レポート詳細は、以下URLよりご覧いただけます。
リンク

過去のレポートアーカイブはこちら。
リンク

【価格.comデータ】(2009年5月末現在)
月間利用者1,842万人、月間ページビュー7億1,193万PV、累計クチコミ件数約960万件。

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:   東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役: 田中 実
事業内容:  サイトの企画運営
当社運営サイト:リンク 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム  広報担当:
Tel:03-5805-7511 mailto:pr@kakaku.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。