logo

FortiClientが通算13度目のVirus Bulletin (VB) 100%賞を受賞

UnifiedThreatManagement/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet<R>(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、同社のクライアントセキュリティソフトウェアFortiClient<TM>が、2008年と2009年のテストの結果、Virus Bulletin (VB) 100%賞を連続して7回受賞したことを発表しました。今回の受賞は、フォーティネットの歴史において通算13度目の受賞となります。最新のVB100%テストは、Microsoft Server 2003上で稼働する20以上のアンチウイルスソリューションを評価しました。

業界で名高いVB100%賞は、独立した専門家のテストにより、「in the wild」として知られる実世界における最新ウイルスを100%の確率で正確に検知することが証明できた製品を表彰するものです。

VB試験者は、実世界の多くの脅威を完璧に防ぐかのテストをするだけでなく、FortiClientインターフェースが円滑に動き、整然としていることや、環境設定のしやすさや、柔軟性と保護をもたらす数々の調整オプションを提供していることを評価しました。

フォーティネットの製品担当バイスプレジデント アンソニー ジェイムズ(Anthony James)は次のように述べています。「7回連続してVB100%賞を獲得したことは、フォーティネットがウイルス検知と性能における業界一位であり続けていることを証明しています。ForitClinetFortiClientの強固なアンチウイルス性能は、その多くが総合的なエンドツーエンドの統合型セキュリティプラットフォームの一部として、アンチウイルスを提供していない競合製品を凌駕しています。私たちはこのような名高いテストチームから再び評価されたことを光栄に思います。この偉業は、増え続けるセキュリティへの要望を満たす、強力で差別化されたアンチウイルス製品をお客様に提供しようとする、私たちの献身を称えています」

Virus Bulletin誌は、FortiClient 4.0の他、21種に及ぶアンチウイルス製品のウイルス検知率、誤検出の低さ、スキャン速度をテストしました。さらに、設置や設定の容易さもまた評価されました。

フォーティネットのFortiClientホストセキュリティソフトウェアは、在宅勤務者、モバイル勤務者、リモートオフィスを含む企業と消費者に、セキュアなアクセスとエンドポイントの保護を提供するフォーティネットの保証されたUTMゲートウェイソリューションのメリットを拡張します。パソコンの統合セキュリティエージェントであるFortiClientは、ホスト アンチウイルス、ホスト アンチスパイウェア、パーソナルファイアウォール、アンチスパム、IPSec VPN、Webフィルタリング、そしてレジストリ モニタリングの各機能を備えています。FortiClientは、最も普及しているオペレーティングシステムであるMicrosoft Windowsを、32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Vistaも含めてネイティブサポートしているほか、NAT(Network Address Translation)トラバーサル、集中ポリシー管理、複数デバイスへのアクセスのための複数ポリシーのサポート、強力な暗号化機能、およびトラブルシューティングのための包括的なツール群を備えています。FortiClientは64ビットのMicrosoft Windows XP<TM>およびWindows 2003 Serverをもサポートしています。

FortiClientエンドポイント セキュリティ ソフトウェアの90日間お試しについては、リンクをご覧ください。また、製品の詳細は次のウェブサイトをご覧ください。リンク

※フォーティネットの名称はFortinet, Inc.の登録商標です。Fortinet、FortiGate、FortiGuard、 FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiDBおよびFortiWebはFortinet Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。その他製品名などはそれぞれ各社の登録商標です。

用語解説

フォーティネット会社概要 (リンク)
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから7種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア、アンチスパム)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事