logo

Avocent社、コスト割り当てと戦略的資産運用の基盤を提供

Salt Lake City, Utah, June 15, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation(NASDAQ:AVCT)は、新しいLANDeskホワイトペーパー「KOALA in Depth: Ownership - Foundation for Cost Accounting and Strategic Steering(KOALAに関する洞察: 所有コスト - コスト計算と戦略的運用の根本)」を本日発表しました。

Salt Lake City, Utah, June 15, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation(NASDAQ:AVCT)は、新しいLANDeskホワイトペーパー「KOALA in Depth: Ownership - Foundation for Cost Accounting and Strategic Steering(KOALAに関する洞察: 所有コスト - コスト計算と戦略的運用の根本)」を本日発表しました。

このホワイトペーパーは、アセット管理で重要な5つの要素である主要コスト(Key cost)・所有費(Ownership)・アカウンタビリティ(Accountability)・ライフサイクル状況(Lifecycle status)・割り当て状況(Assignment)について、それぞれを詳細に調査し、アセットライフサイクル管理を実装しようと考えているIT管理者へのアドバイスを解説する5部構成の総合シリーズの、第2部に当たります。

このシリーズでは、IT部門と所属企業の両方に、アセット管理をそれが利用可能なライフサイクル期間すべてで実施することで、どれほど速くかなり大きな価値を得られるかを実証する徹底的で実際的なフレームワークを、「ゆりかごから墓場まで」モデルを使って提供します。

このホワイトペーパーでは、ベストプラクティスの詳細を解説し、組織内の統制担当範囲の折り合いの付け方、予算に関するアカウンタビリティの追跡のやり方、戦略的価値の高め方、コスト削減のやり方、さらに高度なキャパシティプランニングの作成方法などの、アセット管理戦略を明らかにします。

「仮想化やロードバランシングなどの分散プロセスが企業内で進んだことにより、コモディティ化したハードウェアが再びその目的を果たすようになっています。」と、執行副社長でLANDesk本部長のSteve Dalyは述べました。「これにより、ITアセットの購入・割り当て・保守の方法は変わらざるを得なくなり、アセット所有者がその稼動寿命中に何度も変わるという結果になっています。」

このホワイトペーパーではまた、見落とされがちなアセットライフサイクル全体でのトータルコストと価値の分析方法についても、検討しています。

運用費が当初の資本支出をオーバーしがちであることについて: ソフトウェアのリニューアル費用。ハードウェア保守・修繕費。電気代・スペース代・冷却費など稼働中の運用費が、通常、ハードウェア自体のコストより高くなること。

アセット内にあるデータの価値の方が、通常、ハードウェアの価値より高いことについて: 規制上の要件のために、厳格なデータ責任者の職務分掌や、セキュリティ業務手続、ハードウェア暗号化などが必要となるため、ある組織にとってハードウェアに入っているデータの価値の方が、実際のハードウェアの価値より、高くなることがふつうです。

データ漏洩がデータセンタのコントロールできないところにまで拡大すること: データが失われたり破損したりする際に最も多いパターンは、エンドユーザ機器からのリモートアクセスによるものです。SaaSやデバイスに依存しないコンピューティングのモデルが驚異的なスピードで普及していますので、クラウドを通じてデータにアクセスすることは、ますます簡単になってきています。物理的・論理的なアクセス制御を組み合わせたリスク管理により、IT管理者は、コストを減らし、データ統合性を維持するために、ポリシー違反を適切に追跡し、取り締まり、訴追することができるようになります。

「所有に関するデータが最新のもので正確であるとき、戦術的・戦略的意思決定の効率は高くなり、セキュリティが拡大し、リソースの割り当てが適切となり、キャパシティ計画でコスト節約ができるようになります。」と、Dalyは述べました。「このことは、全体的なアジリティと戦略への対応力を増しつつ、リスクを減らすことにつながります。」

ホワイトペーパー「KOALA in Depth: Ownership - Foundation for Cost Accounting and Strategic Steering」についての詳細や、無料コピーのダウンロードには、以下にアクセスしてください。
リンク

概要: Avocent/LANDesk

Avocent社は、統合され集中化されたソフトウェアにより、運用コストを削減し、管理を簡素化し、年中無休24時間運用の重要なIT環境の可用性を高めるような、IT運用管理ソリューションを提供しています。LANDeskは、ITチームがデスクトップ、サーバー、モバイル機器を自動化・簡素化するのに役立つ、コスト効率のよいシステム、セキュリティー、プロセス管理ソリューションを提供しています。長年にわたるパートナー関係と、世界各国の大手企業で成功裏に展開されているソリューションにより、LANDeskは、企業・団体がそのビジネス目的を達成するのを支援するため、迅速なイノベーションと価値回収期間を提供し続けています。より詳しい情報は www.landesk.com にあります。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)について

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法に定義された「将来予想に関する記述(forward-looking statement)」にあたる記述が含まれています。このような将来予想に関する記述は、実際の結果が記述された内容と著しく異なる原因となるようなリスクと不確実性に左右されます。そのリスクにはたとえば、経済全体の状況に関するリスクや、将来の製品需要・販売・費用に起因するリスクや、買収と買収後の統合に関するリスクや、製品設計施策および新製品・新の導入に関するリスクや、知的所有権の獲得と保護に関するリスクなどがあります。事業や財務の結果が大幅に異なる原因となるような、その他の要因については、2009年2月27日に米国証券取引委員会(SEC)にAvocent社が提出した年次報告書 (書式10-K)に記述されています。他のリスクについても、適宜、SECに提出する報告書に詳述される場合があります。Avocent社は、この文書の日付以降の出来事や状況に基づいて将来予想に関する記述を更新し公開する一切の義務を負いません。

Copyright (c) 2009、Avocent Corporation。All Rights Reserved.AvocentとAvocentのロゴは、米国またはその他の国でAvocent Corporationとその子会社または関連会社の登録商標です。その他の商標は、それぞれのオーナーの所有物です。

お問合せ先:

プレスお問い合わせ先

Arlena Jackson
Avocent Corporation
電話: (256) 261-6430
e-メール:Arlena.jackson@avocent.com

Gary Good
Trainer Communications
電話: (707) 837-1718
e-メール:Avo@trainercomm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。