logo

Transition Networks社、ネットワーク・インターフェース・デバイス(NID)製品ラインを拡大して、新型リモート管理、ステータスレポートNIDを発売

Minneapolis, MN, June 10, 2009 - (JCN Newswire) - スイッチングおよびコンバージョン技術の専門企業で、Communications Systems社(NASDAQ-GM: JCS)の100%子会社のTransition Networks社は、本日、新型リモート管理10/100ブリッジ・ネットワーク・インターフェース・デバイス(NID)を発表しました。

Minneapolis, MN, June 10, 2009 - (JCN Newswire) - スイッチングおよびコンバージョン技術の専門企業で、Communications Systems社(NASDAQ-GM: JCS)の100%子会社のTransition Networks社は、本日、新型リモート管理10/100ブリッジ・ネットワーク・インターフェース・デバイス(NID)を発表しました。

この10/100ブリッジ・ネットワーク・インターフェース・デバイスの新シリーズは、Point Systemシャーシカードおよびスタンドアロン型フォームファクタ形式で提供され、ローカルとリモート両方のデバイスにおいて、基本的なレベルの管理情報が必要とされている、企業やサービスプロバイダ向け両方のアプリケーションに対応して設計されています。リモートユニットが現在の動作状況をローカルユニットに報告することで、Point Systemシャーシに搭載されたローカルユニットを通じて、ユーザが管理情報に簡単にアクセスできるようになります。

リモートユニットから提供される情報には、銅線ポートのリンク、スピード、半/全二重状況や、光ファイバポートのリンクと半/全二重状況などがあります。ローカルユニットでは、同様の情報が入手可能で、さらに、64 Kbpsから最大帯域までの範囲で、銅線ポートおよび光ファイバポート両方に、帯域制御が可能dす。

「オートクロス・オートネゴシエーション・リンクパススルー・ファーエンドフォルト・自動リンク復旧などの標準的なTransition Networks製品の機能に加え、独自の管理オプションが、この製品を、エントリーレベルのリモート管理要望に対する完全なソリューションに位置づけています。」とTransition Networks社マーケティング部長Patrick Schaberは、述べております。「エントリーレベル・リモート管理デバイスとしてお手頃な価格であることで、Transition Networks社のお客様は、このNIDにより、リモート管理のメリットをご享受いただけます。」

製品の特徴

リモート管理機能の利点を活かすために、SRFBデバイスは、光ファイバリンクの両端に設置し、対抗で利用される必要があります。ローカルユニットが Point Systemシャーシに搭載されている場合に、ローカルユニットおよびリモートユニットの管理が可能です。管理情報へのアクセスは、任意のウェブブラウザか、Transition Networks社のネットワーク管理アプリケーションFocal Point(TM)を通じて行うことができます。

SFRB には、リモートユニットを簡単にループバックモードに設定できるリモート・ループバック・テスト機能がついています。これはリンク統合性のテストに使用でき、ネットワークの問題把握に役立ちます。テスト完了時に、リモートユニットは、自動的に通常作動モードに再設定されます。SRFBのもうひとつの新機能は、銅線リンクテストです。このリンクテストは、リンクパススルーが可能な場合、LPTとともに使用されます。リンクテストは、デバイス前面にあるボタンにより実施できます。ボタンを押すと、リンクパススルーは一時的に中断され、有効な銅線リンクのLEDが光っているかを見ることができます。これは銅線リンクと光ファイバリンクが別々の時間に開設される場合、特に便利です。

製品の入手方法と構成

Transition Networks社の新型SRFBシリーズ10/100ブリッジ・ネットワーク・インターフェース・デバイスは、Point System(TM) Chassis用シャーシカードと、スタンドアロン型の両方で、提供されています。その構成は以下のとおりです。

シャーシ型 スタンドアロン型 概要
CSRFB1011-100 SSRFB1011-100 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX MM ST 2KM
CSRFB1013-100 SSRFB1013-100 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX MM SC 2KM
CSRFB1014-100 SSRFB1014-100 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX SM SC 20KM
CSRFB1040-100 SSRFB1040-100 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX Open SFP
CSRFB1029-100 SSRFB1029-100 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX SSF SM 1310TX/1550RX SC 20KM
CSRFB1029-101 SSRFB1029-101 10/100Base-TX RJ-45 ⇔ 100Base-FX SSF SM 1550TX/1310RX SC 20KM


最新情報は、Transition Networks社、電話(800) 526-9267までお問い合わせいただくか、 www.transition.com をご覧ください。

Transition Networks社製品について

Transition Networks社のコンバージョン製品は、その堅牢性と信頼性でよく知られています。良品率は99.4%で、1,000台に1台しか初期不良がないことを示しています。すべてのTransition Networks社メディアコンバータとスイッチ製品には、5年間の長期保証がついています。

Transition Networks社について

Transition Networks社は、企業が既存ネットワークインフラのパフォーマンスを向上し、スピードアップし、信頼性を高めるネットワーキング接続ソリューションを提供しています。同社のTransition Networksブランドのメディアコンバータは、ネットワークのパフォーマンス・本質・外観に影響を与えることなく、必要な適合を提供するコンバージョン技術ソリューションにより、異なるメディア間のコンバージョンを行います。MILANブランドのマルチレイヤ・スイッチング製品は、広い帯域幅を消費するアプリケーションによるネットワーク負荷を軽減するユニークなソリューションにより、低価格なネットワーク展開を促進するように設計されています。ミネアポリスに本社のあるTransition Networks社は、Ingram Micro社やTech Data社など50か国の再販業者を通じて、ハードウェアベースの接続ソリューションを提供しています。Transition Networks社は、株式公開会社Communications Systems社(NASDAQ-GM: JCS)の100%子会社です。

同社の2009年予想業績は、将来予想に関する情報であり、競合製品や、米国証券取引委員会に適宜提出される同社の報告書に述べられた要因などのリスクと不確実性を含んでいますが、これらに限定されるものではありません。


企業お問い合わせ先:
Patrick Schaber
Transition Networks
(952) 996-1526
pats@transition.com

編集者向け問い合わせ先:
Kim Miller
Tier One Partners
(617) 610-0583
kmiller@tieronepr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。