logo

IP監視カメラが促進するCCTV市場

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「世界の監視カメラ市場分析 2008-2012年:市場概況、主要国別情報、将来予測 - Global CCTV Market Analysis (2008-2012)」のプレスリリースにおいて、IPベースのCCTVカメラの将来性は高く、その市場は今後数年間CAGR(年平均成長率)35%-40%程度で成長するという予測結果を発表しました。

犯罪、事件、テロリズムの増加によって、世界の金融、小売、教育、交通等の様々なセクターでのCCTVカメラの需要が増大している。機能が多様化したことで、公共や個人向けの監視カメラの利用が拡大し、2008年の市場収益は60億ドルを上回った。

ハイテクや高度な監視システムの需要が伸び、ストレージ技術のより高度でコスト効率のよいソリューションが実現した、とインド調査会社RNCOS社の調査レポート「世界の監視カメラ市場分析 2008-2012年:市場概況、主要国別情報、将来予測 - Global CCTV Market Analysis (2008-2012)」は報告している。このため、IPビデオカメラ市場は大いに発展し、世界の市場でメーカー、ベンダ、サービスプロバイダが成功している。

この調査レポートは、現在と将来の市場傾向と発展を理解するために、世界全体のCCTV市場を分析した。その結果、現在のCCTVカメラ市場の収益の多くは、従来型のCCTVカメラが占めていることがわかった。しかし、IPベースのCCTVカメラの将来性は高く、その市場は今後数年間CAGR(年平均成長率)35%-40%程度で成長すると予測している。そのため、従来型のCCTVカメラの市場シェアと年間成長率は下降し始めるだろう。

「強盗、窃盗、侵入、事件の増加によって、CCTVシステムは、交通、小売、行政などの様々な分野で幅広く利用されるようになり、世界中のIPビデオカメラ、IPビデオサーバ、NVR(ネットワークビデオレコーダ)などのメーカーにとって大きなビジネスチャンスがある」と、RNCOS社のアナリストは語る。また、2012年までの監視ビデオ機器市場の幅広い技術の詳細も記載している。従来型のPCカードDVR、内蔵DVR、内蔵NVR、ハイブリッドNVR/DVR等の、さまざまな市場セグメントの比較も行っている。

この調査レポートは、IPベースのCCTVカメラの世界市場の成長を促進する要因を詳細に分析している。また、予測期間中に、様々な地域でIPベースの監視システムが成長する要因を分析している。


【調査レポート】
世界の監視カメラ市場分析 2008-2012年:市場概況、主要国別情報、将来予測
Global CCTV Market Analysis (2008-2012)
リンク

【RNCOSについて】
リンク


※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事