logo

Yahoo!リサーチ 「かぜ薬市場」に関する調査

─────────────────────────────

改正薬事法の施行で注目される「かぜ薬市場」をシミュレーション

低価格・小容量の「ミニタイプ」投入で市場が変わる!?



リンク



インターネット定量調査にて、20-50代男女300人を対象に実施

(調査期間:2009年2月20日-2009年2月24日)

─────────────────────────────


<調査結果トピックス>

・小容量・低価格の新商品「ミニタイプ」に大きな反応。





Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイト株式会社

(本社/東京都中野区、代表取締役社長/田部 信)では、自社調査専

用パネルを対象に、コンジョイント手法の1つである「CBC+HB※」

を用いて、かぜ薬市場に関する調査を実施・分析いたしました。



2009年6月から施行の改正薬事法により、一般用医薬品(大衆薬)

販売はコンビニやスーパー、家電量販店などの異業種が次々と参入

する新たな商戦に突入し、転機を迎えています。そのような中、商

品を提供する医薬品メーカーにとっても、今後の販売形態の変容や、

小売による自主企画商品(PB)との競合などを見据えた商品の開発

・提供が不可欠になると思われます。



Yahoo!リサーチでは、 大衆薬の代表的な商品「かぜ薬」につい

て、2つのタイプの新商品を投入した場合の市場インパクトをシミュ

レーションしました。その結果、特殊な条件下でのシミュレーショ

ン結果ではあるものの、内容量を減らし価格を抑えた「ミニタイプ」

への反応が著しく大きいことがわかりました。外出先や急な発熱な

どによる『緊急利用』や『低価格』ニーズなどを満たす商品として

今後の「かぜ薬市場」を大きく変える1つの鍵になり得るかもしれ

ません。



※CBC+HBについて:

リンク



<シミュレーション結果概要>



■小容量・低価格の新商品「ミニタイプ」に大きな反応。

+-------+------+------+------+------+------+------+------+



過去1年の使用者数が多かった上位3つのかぜ薬商品A、B、Cで市

場が構成されていると仮定し、この市場(以下、既存市場)に、

「商品Aリニューアル」「商品Aミニタイプ」の2つの新商品が発売

された場合の市場に与えるインパクトをシミュレーションしました。



◆ シミュレーション.1【商品Aリニューアル発売】

(商品Aの「服用頻度」を1日3回から2回に改良した商品を、商品A

に代えて発売)

商品Aのリニューアルにより、商品Aのマインドシェア(※)は38%か

ら43%に増えたものの、増加は5ポイントと少なく、「服用頻度」

の改良に対する消費者の反応は大きくありませんでした。

※「マインドシェア」=消費者の心の中で占める商品の購入意向

シェア



◆シミュレーショ.2【商品Aミニタイプ ラインナップ追加】

(商品Aの内包量を5日分から3日分に、価格を2,000円から1,400円

に下げた小容量・低価格の「ミニタイプ商品」を商品Aのラインナ

ップに追加)

商品A【ミニタイプ】は一気に44%のシェアを獲得し、商品Aと商品

A【ミニタイプ】を合わせたブランドAのトータルシェアは38%から

55%に17ポイント増加しました。しかしながら、商品Aのシェアは

38%から11%に大幅に減っており、商品A【ミニタイプ】は競合の

商品B、Cからシェアを奪うと同時に同一ブランドの商品Aからも大

きくシェアを奪い、カニバリゼーションを引き起こしています。



特定の条件下のシミュレーション結果であり、またカニバリゼー

ションの懸念もあるため、収益性も考慮した慎重な判断が必要にな

りますが、小容量・低価格の商品A【ミニタイプ】への反応は想像

以上に大きく、シェア拡大には有力な手段であると言えそうです。







■本リリースのURL

リンク



■調査結果の詳細はをご覧下さい(PDFレポート):

リンク



─────────────────────────────

<調査概要>

・調査目的 :かぜ薬の国内主要メーカーが新商品を発売するに

あたり、新商品投入後にどのような市場インパクト

を与えるかを事前にシミュレーションする。

具体的には以下の3点を明らかにする。

1.かぜ薬市場の概況(基礎データ)

2.自社(A社を想定)を取り巻く競合関係

3.自社(A社を想定)の新しい商品プランの評価

・調査方法 :インターネットウェブ定量調査

・対象条件 :全国 20代-50代男女

300S(人口動態に即して性年代別に割付)

・実査時期 :2009年2月20日(金)-2009年2月24日(火)



─────────────────────────────

<関連の調査・分析手法/ソリューション>

コンジョイント分析:

リンク

ハイブリッドコンジョイントモデル:

リンク

PRICE2:

リンク

クラスター分析:

リンク



上記は一例です。この他にも、マーケティング課題やプロセスに

応じた多彩なソリューション、調査・分析手法をご用意していま

す。

─────────────────────────────

─────────────────────────────

◇ヤフーバリューインサイト株式会社について

─────────────────────────────

「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、

企業の成長に貢献する価値を提供すること」、それが私たちの使

命です。

ヤフーバリューインサイト株式会社は、マーケティングリサーチ

のリーディングカンパニーとして、国内最大級かつ高品質な調査

パネルを基盤に、インターネットリサーチから従来型手法まで、

豊富なリサーチサービスを提供しています。

2008年7月より、ヤフー株式会社との「Yahoo!リサーチ」ブラ

ンド共同運営を開始し、Yahoo! JAPANを通じた調査パネルの充

実、インターネットにおけるノウハウやインターネット利用動向

の活用、そしてマーケティングテクノロジーの研究・開発を続

け、これまでにないサービスや価値を提供してまいります。





会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社

        リンク

所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F

        TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961

新会社発足日 :2007年7月1日

資本金    :7億円

代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)

事業内容   :・マーケティングリサーチ事業

        ・データ解析事業

        ・マーケティングコンサルティング事業

        ・生活者情報データ・コンテンツ事業

         [C-NEWS] リンク        

所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)

        ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)

        ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)

        ・日本行動計量学会

        ・日本消費者行動研究学会(JACS)

・日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)





本件に関するお問い合わせ

─────────────────────────────

ヤフーバリューインサイト株式会社

マーケティングコミュ二ケーション室 広報



お問い合わせフォーム:

リンク

TEL:03-3367-1959 FAX:03-3367-1969



【引用・転載時のクレジット表記について】

本リリースの調査結果を引用される際は、必ずクレジットを明記

いただけますようお願いします。

例)「 Yahoo!リサーチ調べ」「Yahoo!リサーチの調査によると・・・」



─────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事