logo

WiMAXブロードバンドサービスは2014年に150億ドルの収益と予測するが、それが運命の時

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は出版レポート「世界のWiMAXブロードバンド市場調査:成長要因/阻害要因、2014年までの市場予測 - WiMAX Broadband: Markets, Opportunities & Forecasts, 2009-2014」のプレスリリースにおいて、WiMAX 802.16eブロードバンドの加入者からあがる収益は、2014年に150億ドルにになるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
モバイルWiMAXネットワークのスタートは期待より遅く始まり、サービス収益の成長も遅れるだろうと英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「世界のWiMAXブロードバンド市場調査:成長要因/阻害要因、2014年までの市場予測 - WiMAX Broadband: Markets, Opportunities & Forecasts, 2009-2014」は報告している。

この調査レポートは、WiMAX 802.16eブロードバンドの加入者からあがる収益は、2014年に150億ドルと予測している。WiMAXは、低速のDSLやケーブルモデムサービスや、DSLのカバレッジエリアに制限のあるブロードバンド利用者にとっては、より良い利用環境を提供するだろう。

しかし、WiMAXの帯域幅オークションを延期している国々もあり、信用収縮による資金問題や、ネットワーク導入の遅れや、これらの様々な問題から、ネットワークオペレータの加入者獲得には不利な状況である。

多くの障害があるWiMAX
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
WiMAXエコシステム内の問題以外にも様々な要因があって、WiMAX市場の動きは鈍い。調査レポートの著者Howard Wilcox氏は、「Clearwireなどの市場リーダーがサービスを開始し、国内外で拡大しているにもかかわらず、特にフランスの監督機関ARCEPなどの、よく知られた障害も残っている。WiMAXは成功と失敗の瀬戸際にある」と語る。

また、この調査レポートは、WiMAXエコシステムはトライアルの段階から一歩進んで、信頼性の高い商業サービスを提供して、顧客を獲得していくべきだと述べている。それ以外の調査結果は、下記の通り。
■ 北米、極東、中国、西欧は、2014年の世界市場の70%を占めるだろう
■ モバイルWiMAXは、有線ネットワーク設備のない発展途上国のブロードバンドサービス提供に大きな役割を果たすだろう
■ アフリカと中東、南米、インド亜大陸、東欧は、2014年に40億ドルの市場となるだろう

ジュニパーリサーチ社は、モバイルWiMAXのビジネスチャンスを査定している。調査対象各国の詳細と地域毎の市場予測、ブロードバンドとDSLの成長、WiMAX市場の現状と利用分析を記載している。

【調査レポート】
世界のWiMAXブロードバンド市場調査:成長要因/阻害要因、2014年までの市場予測
WiMAX Broadband
Markets, Opportunities & Forecasts, 2009-2014
リンク

【ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事