logo

株式会社イージフ、IFRS対応簡易診断サービスを開始

株式会社イージフが国際財務報告基準(IFRS)対応に必要な準備期間重要課題を無料診断

株式会社イージフ(本社:港区 代表取締役社長:藤井健一郎、以下aegif)は、2009年6月8日よりIFRS対応簡易診断サービスを開始することを発表いたします。

aegifではこれまでIFRS対応支援コンサルティングで実績を上げてきましたが、日本においても最短で2015年にIFRSが強制適用される見込みであるという状況を踏まえ、新たにIFRS対応簡易診断サービスを提供いたします。

このサービスのIFRSの強制適用を見据えていつからどのような準備が必要か診断することを目的とし、企業はIFRS対応への課題を早期に把握することができます。

簡易診断サービスは以下の流れで実施します。

1.専門コンサルタントによるヒアリングと簡単な選択式の質問により企業の採用する会計処理を把握します。

2.企業が採用する会計処理とIFRSとを比較し、IFRS対応による影響、推奨スケジュールを診断します。

3.専門コンサルタントが診断結果を報告するとともに、その他の疑問点や不明点についてもお答えします。

このサービスは、各企業にIFRSへの理解を促すとともに、IFRS対応の作業内容とその実行時期の早期把握を可能にします。
aegifでは、より多くの企業がIFRSに対する理解を深め十分な準備ができるよう、この簡易診断サービスを無料で提供し、積極的に展開していきます。

◆日本におけるIFRSの適用について
2009年2月4日に企業会計審議会企画調整部会から公表された「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)(案)」では、2012年をめどに日本におけるIFRSの強制適用について判断するものとしています。
仮に2012年にIFRSの導入が適当であると判断された場合、最低3年間の準備期間を経て、最短で2015年に一斉に適用されることになります。

◆株式会社イージフについて
aegifはIT、経営、会計の分野を中心にコンサルティングサービスを提供しています。
経験豊富なビジネスビジネスコンサルタント、ITコンサルタントおよび公認会計士を
中心としたプロフェッショナルチームにより、質の高いサービスを実現しています。

詳細は下記サイトをご確認ください。
リンク

◆ニュースリリース・製品に関するお問い合わせ先

株式会社 イージフ 
マーケティング担当 加納
TEL:03-5771-1566 
E-mail:alfresco@aegif.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事