logo

Avocent社、Avocent MergePoint Infrastructure Explorerを発表―増大するデータセンタ管理のための統合プラットフォームを提供し、ROI適正化を実現

Huntsville, Alabama, June 4, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation(NASDAQ: AVCT)は本日、データセンタ管理のための強力なソフトウェアを発表しました。

Huntsville, Alabama, June 4, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation(NASDAQ: AVCT)は本日、データセンタ管理のための強力なソフトウェアを発表しました。Avocent MergePointR Infrastructure Explorerは、リソース管理(熱、冷却、電力、スペース)をアセット管理に統合し、単一画面から中央集中的かつ自動的に表示するソフトウェアプラットフォームです。Avocent MergePoint Infrastructure Explorerは、データセンタとアセットの状況を詳細に表示して、データセンタの設計や運営をこれまで以上に効率化する手段を提供します。

「お客様に伺うと、これが従来の施設とITの分野を統合するものであることは明らかです。企業は、新しいデータセンタを設計する際には、サーバ容量や冷却設備が十分かどうか確認できるツールを必要としています。なぜならデータセンタのIT資産を最適化することができるからで、しかもできればひとつの管理ツールで、データセンタ環境を表示して管理したいと考えているのです。Avocent MergePoint Infrastructure Explorerは、十分にその目標を達成しています。」とAvocent社CEOのMichael Bormanは述べました。

Avocent MergePoint Infrastructure Explorerの先進的なモデリング機能を活用して、電力および冷却リソースの利用可能な場所と利用ニーズに不一致がないかを確認することができます。このような不一致を減らせば、データセンタ全体の電力消費を大幅に減らすことが可能です。データセンタに配置されたプローブやインテリジェント電力配分装置(IPDU)やスイッチなどの技術と組み合わせると、このインターフェースからデータセンタの詳細表示を参照することができ、キャパシティプランニングとアセット管理を実行する際に、現状を洗い出して、計画・トラッキング・定義ができます。

従って、通常データセンタ運用業務で行われているスプレッドシートやフラットファイルを手作業で更新する手間をなくし、反復的な作業やエラーチェックに使われている時間を他に活用することで業務の生産性を節向上することができます。

アセットライフサイクル管理の統合 - Avocentアセット管理ソリューション

企業は、ハードウェアおよびソフトウェア資産(ライセンス)の使用開始から本番稼動や廃棄までを確実に管理することで、大きな恩恵を受けています。 Avocent MergePoint Infrastructure Explorerはこれを実現するため、Avocent社のLANDeskR Asset Lifecycle Managerバージョン3.5 (ALM)の最新バージョンを統合しており、データセンタのレイアウトや変更提案を動的に表示することが可能です。IT管理者は、必要な情報を識別して列記し、一元化されたプラットフォームやラン・ブック・オートメーション(RBA)、トラブルチケット、アロケーション、レポート作成など、IT運用自動化に必要な新プロセスを通じてその情報を渡すことで、アセットアロケーションを追跡できます。

Avocent DSView 3 ManagerR統合によるデータセンタ管理

さらに、Avocent MergePoint Infrastructure Explorerは、DSView 3データセンタ統合管理ソフトウェアを活用して構成すると、従来型仮想サーバのリモート管理および障害対応が可能になり、またAvocentのインテリジェント電力配分装置(IPDU)を管理することができます。DSView 3があれば、Avocent MergePoint UnityなどAvocentのKVMスイッチングファミリやAvocent DSRR KVM-over-IPファミリなどを介して、データセンタへのアクセスが可能になります。

サードパーティ・ソフトウェアの統合

Avocent MergePoint Infrastructure Explorerでは、サードパーティ・ソフトウェア統合の基盤を提供しているため、企業のIT運用をより多くの視点から捉え、強力なオープンスタンダードに基づく管理手法が可能になります。Avocentは、データセンタ向けソリューションを自社ソリューションと統合したいパートナーには、API (アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を提供しています。

Avocent Management Platform

Avocent のソフトウェア技術の中核となっているのは、AMP (Avocent Management Platform)と呼ばれるプラットフォームで、AMP上でAvocent MergePoint Infrastructure ExplorerやAvocent LANDesk Asset Lifecycle Managerは稼動します。AMPはソフトウェア製品の統合を可能にするもので、アボセントはすべてのIT運用管理ツールをAMPプラットフォーム上に統合する予定です。また、このオープンスタンダードベースのプラットフォームは、サードパーティソリューションの統合でのインターフェース標準化も可能にするため、アボセント・ソリューションに新たな価値が広がります。

新しく使いやすい運用管理 - 施設とITの一体化

複雑で費用のかかるビジネス上の問題は、ITおよび施設の両面から対処が求められていますが、Avocent MergePoint Infrastructure Explorerはそのギャップを埋めることが可能です。企業の施設管理者は、データセンタの増設や運用の継続、IT資産管理とトラッキング、プロビジョニングの確立などの責任を負い、データセンタのIT資産・電力・冷却・スペースなどの管理向上は、その責任の大部分を占めています。施設管理者とIT管理者は、企業の成長や合併・買収などで発生するビジネス上の課題を、バランスを取りながら管理しなければなりません。管理者たちが扱うIT資産・人員・タイムゾーン・管理対象エンドポイント/ロケーションはますます増えつつあり、コスト削減や規模に合わせた人員配置などのニーズのバランスを取っているのです。IT管理者はまた、新しい規制の下でコンプライアンスや、監査の事前準備と事後対応や、業務管理(SOX、BSA、HIPAAなど)を管理しています。このような問題はAvocent MergePoint Infrastructure Explorerの支援でITと施設の業務を統合することで解決可能です。

「データセンタのIT資産の詳細を参照できるようにして、電力や熱などの環境要素をリアルタイムに監視することは、データセンタにとって次の課題でした。アボセントは、MergePoint Infrastructure Explorerで、データセンタの構築・再構築の前に結果をマッピングする方法を提供します。ラックやサーバなどの設備の詳細表示、電力費用予測、冷却のニーズをトラッキングする機能などがあるため、効果的なROI意思決定が可能です。こうして、ITは企業の「グリーン戦略」を実現するためにもっとも重要なものとなるのです。」とEnterprise Management Associates社副社長のDennis Drogseth氏は述べました。

Avocent MergePoint Infrastructure Explorerは現在入手可能です。この製品について詳しくは、 リンク をご覧ください。

概要: Avocent社

Avocent社は、統合され集中化されたソフトウェアにより、運用コストを削減し、管理を簡素化し、年中無休24時間運用の重要なIT環境の可用性を高めるような、IT運用管理ソリューションを提供しています。より詳しい情報は リンク にあります。

将来の見通しの声明(Forward-Looking Statements)について

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法に定義された「将来の見込みに関する記述(forward-looking statement)」にあたる記述が含まれています。これらの記述には、Avocent MergePoint Infrastructure Explorer、Avocent社のLANDesk Lifecycle Manager、DSView 3ソフトウェアの入手可能性・運用容易性・フィーチャ・機能・メリット・統合性などに関するものがあります。このような将来の見込みに関する記述は、実際の結果が記述された内容と著しく異なる原因となるようなリスクと不確実性に左右されます。そのリスクにはたとえば、経済全体の状況に関するリスクや、将来の製品需要・販売・費用に起因するリスクや、買収と買収後の統合に関するリスクや、製品設計施策および新製品・新の導入に関するリスクや、知的所有権の獲得と保護に関するリスクなどがあります。事業や財務の結果が大幅に異なる原因となるような、その他の要因については、2009年2月27日に米国証券取引委員会(SEC)にAvocent社が提出した年次報告書(書式10-K)に記述されています。他のリスクについても、適宜、SECに提出する報告書に詳述される場合があります。Avocent社は、この文書の日付以降の出来事や状況に基づいて将来の見込みに関する記述を更新し公開する一切の義務を負いません。

Copyright (c) 2009、Avocent Corporation。All Rights Reserved. AvocentとLANDeskおよびそれぞれのロゴは、米国またはその他の国でAvocent Corporationとその子会社または関連会社の登録商標または商標です。その他の商標は、それぞれの所有者の資産です。

お問合せ先:

プレスお問い合わせ先:
Arlena Jackson
Avocent
電話:256-261-6430
e-メール:Arlena.jackson@avocent.com

Gary Good
研修員向け広報
電話:(707) 837-1718
e-メール: Avo@trainercomm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事